整体手法

たまに聞かれること。
「その整体はどこで習ったの?」
「痛くないところを何で触るの?」

話を聞くと、痛い箇所以外に触れるのに痛みがスーッと消えるのが不思議らしいです。

特別なことは何もしてないんですが、どうも一般的な整体のイメージとは少し違うみたいです。

例えば、肩を緩める時にはお尻を緩めたりします。顎を緩める時には耳だったりもします。
これは、筋膜ラインが関係していています。ここを緩めるにはここだ!ではなく、ここからでも緩められるよってことです。
肩の関節を緩めるのにお尻の筋肉の場合もあれば、背骨や肋骨といった関節からの時もあります。

その人の違和感がどこにあるか、それを確認した上で手法を変えていきます。

基本的に僕の整体は関節にアプローチしていきます。
関節を整えて骨の位置を変えれば、筋肉は必然的に緩むからです。
筋肉の両端は骨に付いてるので、関節の位置次第で筋肉は緩んだり張ったりするからです。

ということは、関節から筋肉にアプローチした方が状態は長持ちするということです。

筋肉を緩めて骨を動かすこともできますが、関節にアプローチしないと骨はすぐに戻ろうとして結果、筋肉もすぐに戻ります。

劇的に楽になるには筋肉を徹底的に緩めればいいんですが、それだと楽な状態は長持ちしません。
何より、筋肉は意味があって痛みを発したり硬くなったりしてるので、原因を放ってそんなことしても体に悪影響です。


なぜ痛いか、それは筋肉の悲鳴。
なぜ筋肉が悲鳴を上げているか、それは骨の位置が本来の場所ではないから。
なぜ骨はズレるのか、それは関節の位置が定まっていないから。
なぜ関節が定まらないか、それは体の重心が定まっていないから。

なぜ重心が定まってないか、それは呼吸の仕方か?内臓のズレか?
こうやって、元を辿っていくと痛みの原因が見えてきます。
ただ楽にすることが整体屋ではないと思います。
とことん突き詰めていって、本当の原因を突き止める。
そしてそこを変える手技を使い、本人に伝える。
後は本人がどうするかですね。
そう考えると、整体屋はきっかけを提供する「気付かせ屋」なのかもしれません。

ただ、人間の体はそう単純ではありません。
どんな注意をしていても、取り巻く環境で左右されます。日常生活、人間関係、季節、天候でも体は反応します。

それがわかっている人は定期的にメンテナンスに来られて体調管理をしっかりされてますね。

整体屋をどう利用するか?
痛み取り屋?癒しの場?自分と向き合う場?
選ぶ理由は人それぞれ違うと思います。
僕はただ、通っていただいている方が大往生できるよう励むだけです。

「怠」は無口な心?

今日の患者さんとの会話のひとコマ。

患者さんは書道家の先生で、絵も描いてらっしゃる天才肌の方です。

 

患者さん「最近、怠けてばかりだから体調悪かったの。」

僕「怠けると、ですか?」

 

患者さん「だって、怠けるって漢字は無口な心(ム+口+心)って書くでしょ?」

僕「確かにそうですね〜 笑」

 

患者さん「最近生徒さんとの会話も少なくてね、なんとなく動く気になれなくて、家ではずっとごろ寝ばかりしてたの。そしたら体が変になっちゃったのよ。」

僕「あらら、先生らしくないですね。」

 

患者さん「そう、言葉でどんどん言っていかなきゃ体に悪いものが溜まる一方だわ。無口だと気力も無くなっちゃうし、体が怠けちゃってダメなの。」

僕「その方が先生らしいですね!」

 

そう言って、スッキリされて帰って行かれました。

 

書道家の先生曰く

「黙ってちゃダメ、どんどん言っていかなきゃ参っちゃうわよ!」

 

とても深いお言葉をいただきました。

 

僕も見習ってどんどん言っていこうかと思います。

そうすれば日ごろから広めたいと思ってることも伝わりやすいですね。

それが口コミで伝わってもらえれば、いろんな人に姿勢革命・動作革命・呼吸革命が起こるんじゃないかと想ってます♪

姿勢の勘違い

力みのない姿勢をお伝えしていくと、たまに勘違いが生まれます。
脱力することがいい姿勢であるという勘違い。

脱力は確かに大事ですが、脱力しきった状態が正しいとは限りません。

大事なことは背骨のS字カーブです。
背骨の上の方(上部胸椎)の後湾ができてない人。平背といわれる人が多いです。

腰の骨(腰椎)の前湾がなく、腰が立たない人。腰が曲がったお年寄り状態の人も多いです。

ちなみに座位では腰椎は後弯ですが、立位では前湾。座位では骨盤は立たせないで寝かせて下さい。
そして肩は巻肩が基準。緊張型の巻肩ではなくお腹の膨張圧がない巻肩。


あと寝る時以外は首は前湾。平背の人は首もストレートネックの人が多い。

文字にすると少し難しいですが、一度体験していただくとわかると思います。
呼吸や、力の伝達がまるで違うことが体験できます。


巻肩はダメ、座位で骨盤は寝かせたらダメとか言ってる人たちが多いので細やかな反論です 笑

本出したりブログ集客したりプロ養成するなら、人体の構造上、そして機能上、体感覚をしっかりと説明してほしいです。


どこからかコピペしてきたような言いまわしや偉い人が言ってたからと疑わずにいることはいかがなものかと思います。

間違った知識が広がって、それが常識になってしまうので。
僕はこの姿勢を自信をもって薦めることができます。

機能構造的にも体感覚的にも。
もっと広まればいいなぁと思いますが、それは姿勢革命をすすめる全国の仲間の先生方にお任せし、僕は富山でちまちまやっていこうと思います 笑

足指のトラブル

「そういえば、〇〇が治ってます」

たまに患者さんから報告を受けることがあります。

 

初めは腰痛や肩の痛みで来院されるのですが、施術を重ねていくうちに重心が整うと足のトラブルがいつの間にか治ってるみたいです。

 

「外反母趾、内反小趾、巻き爪、鎌指、モートン病、たこ」

 

よくよく話を聞くと、整体の分野ではないと思っている人が多く、相談しなかったと 笑

 

これらを専門にみる治療院もあるんですよ。

 

テーピングやストレッチ、ほぐしで対処しながらインソールや靴を勧めるところが多いみたいですが。

 

そんなことしなくても、重心さえ整えば元に戻るんですよ。

 

 

この分野専門の人が書いた人気の本を見ましたが、内容がひどすぎる 笑

 

「拇指球にしっかり…」とか言ってる時点で足指のトラブルを誘発しますから。

 

 

大事なことはみっつです。

「かかとに鉛直」

「筋力ではなく位置エネルギー」

「呼吸を中心におさめる」

 

 

すごく大事なのに、なかなか世に広まらないですね。

「間違った姿勢と動きの常識」

思った以上に強敵です。

下腹ポッコリと下腹部の力

以前、女性特有の不調に「下腹部の力」が関係していると書きました。

これは女性特有ではなく、女性に多いというのが正しい表現かも知れません。

 

そもそも症状に苦しむ人と、症状が出にくい人の差は緊張体質かどうかだと思います。

緊張体質の人は肩に力が入っていて、リラックス(脱力)できないです。

 

するとどうなるか?

 

横隔膜の運動が制限され、呼吸が浅くなります。

 

呼吸が浅くなるとどうなるか?

 

呼吸が浅くなると自律神経の交換スイッチが働きにくくなります。

誰もが聞いたことがある「自律神経失調症」というやつです。

 

横隔膜が制限されるとどうなるか?

 

内臓下垂が起きます。

これは実際に何センチも下がるというわけではなく、「下に落ちる力が働き続ける」ということです。

 

これがお腹の膨張圧であり、「下腹ポッコリ」の原因になります。

全体的に脂肪があるのではなく、下腹だけポッコリという方はまさにこれです。

 

どうすればいいのか?

 

上部の緊張をとり、下腹部の力を養うことです。

 

鍛えるのではなく「使う」という感覚を取り戻すのです。

 

感性のいい方なら1か月のワークで取り戻せます。

これは患者さんで実証済みです。

 

僕のような凡人は3ヵ月ほどかかります。

しかし一度取り戻した感覚は、自転車の運転やスキーで滑る感覚と一緒で無くなりはしません。

日頃から意識してもらえば一生モノです。

 

お腹はその人の状態をそのまま表していると言ってもいいくらいです。

骨格の歪み方、呼吸の癖、動き方や所作、そしてお腹の癖。

これらを総合的に診ていくと、その人の今までが見えてくるので面白いです 笑

 

施術で不調から好調にワープするのも楽でいいんですが、自分で改善できるようになると人や物に依存しなくてもよくなりますよ。

それこそ人生変わります。

 

そんなことを言う僕は国家資格を持たないただの平凡整体師。

だけど他の治療院様とは一味も二味も違う、マニアックなブログを綴ってます 笑