不調の背景

体に痛みやコリがあって不調だと感じる時、大抵の人は経験やネットで原因を探ります。


その行き着く先が「体の歪み」や「自律神経の乱れ」などの解剖学になるケースが多いです。


けど同じ仕事をしている同僚や、家庭環境(家族構成)が似た友達、似た食生活している周りの方々をみてください。


不調の方もいれば元気な方もいますよね?


この差ってなんなんでしょう。


細かくあげればいっぱい出てきますが、僕が思う大きな要因に「自分の居場所」に不安を感じているか、というのがあります。


人には憧れや目標があります。

みなそれを実現したいから努力します。

ただ、これがズレていくと強迫観念になります。


〇〇しなきゃいけないorダメ、〇〇をするべきだorしなきゃいけない、っていう状態です。


さらに言うなら、その背景には劣等感があり、恐怖や不安に苛まれているように感じます。


これが緊張体質をつくる元凶なのかもしれません。


緊張体質になると自律神経は乱れ、体液循環もスムーズにいかなくなり、筋肉も酸欠状態になってこわばり、骨格が捻れてきます。

当然、受容器にも影響がでてくるので免疫疾患、アレルギー症状やアトピーなどが出てきます。


こういう場合、まずは自分の居場所の定義を確かめるといいでしょう。


難しくいうと、幸せとは?満足とは?など、そういったことを確認すると、他人と比較している自分に気づいてくるかもしれません。


人それぞれ境遇、環境は違います。

価値観も違います。


もし理想の在り方というものがあるとすれば、自分の価値観で決めちゃっていいと思います。

時には変えちゃってもいいんじゃないでしょうか。


他人から映る自分をいくら綺麗にしても、そこに自分という存在はあるんでしょうか。


そこに焦点を当てるのではなく、自分が気持ちいい在り方でいいのではないかと思います。


そうするといろんなブロックが外れて楽になってきますよ。


不調体質の方には自己否定感が強い方が多いですが、誰だって知らず知らず人の役に立っているんですよ。

いいところ、けっこうありますよ。


自分を追い込まず、もっと適当(ちょうどいい)を心がけてみてはいかがでしょう。


気持ちが変われば体も変わりますよ。

心身の調和ってこんな感じなのかもしれませんね。

お盆休みの変更

お盆休みの変更をお知らせします。

11日(日)〜15日(木)をお休みし、16日(金)から通常営業いたします。

13日から16日に予約変更していただいた方々、ありがとうございました。

お盆期間中も予約は受け付けます。

よろしくお願いいたします。

お盆休みと注意事項

お盆休みのお知らせです。

11日(日) 休み
12日(月) 休み
13日(火) 営業
14日(水) 休み
15日(木) 休み
16日(金) 休み
17日(土) 営業


毎日暑い日が続きますね。

この時期に気をつけることは熱中症と冷えです。


熱中症対策、裏を返せば体の冷えをつくることになります。


特にエアコンは足を冷やし、それが内臓にまで影響を及ぼします。

急激な温度変化で自律神経が崩れます。
変な症状が出てきたと思ったら、まずは運動で汗をだしてみること。

お風呂に入る、足湯をするのもいいですね。

そして水分、ミネラル、ビタミンを補充しながら暑さに適応していきましょう。


夏野菜や甘いものは体を冷やしてくれますが、体感温度がそこまで変わることはないです。

逆にお腹が冷えて体調を崩されてる方も多いです。

温かいもの、温めてくれるものも食べましょう。


そしてお盆休みは必ずご先祖様のお墓に行きましょう。

あなたの体はあなたがゼロからつくったのもではありません。

受け継がれてきたものに感謝しましょう。


そしてお盆中はグチグチしないでくださいね。

ありがとう、おかげさま、そういった意識を持って言葉に出していきましょう。

ご先祖様にみられてますよ。

まわりの方々にもみられてますよ。

意識と言葉を変えるだけで雰囲気は変わっていきます。

まわりの反応も変わっていきます。

スピ系の前に、まずはそこです。


よいお盆休みにしましょうね!

脚を組む行為

「脚を組むと骨盤が歪むからダメだ!」
お客さんからよく聞く話です。


そう認識されている方が圧倒的に多く、罪悪感にさいなまれてます。


けど、骨盤がその程度で歪むなんてありえないので安心してください。


そもそも骨盤が歪むとか、骨盤の歪みを整えるとか、そんな事を言ってる時点で無知すぎます。


実は、脚を組んで座ることで仙腸関節を緩めたり、臀部の筋肉を緩めたりしてるんですよ。


もし脚を組むことを悪だと言う治療家がいたとしたら、その方は極端に勉強不足なのかなと。


ちなみに脚の組み方で作用が違ってきます。


浅く脚を組むとだいでんきん。



深く組むとしょうでんきん。



浅くもなく、深くもない中間で脚を組むとちゅうでんきん。



これを応用した腰痛ストレッチがあるくらいです。


ただし、20分以上は組まないようにしましょう。

靭帯が固定されちゃうので。


余談ですが、「腕を組む」という行為にも意味があります。


ぱっと見の印象はよくないと感じるかもしれませんが、そう思うのは学校教育の洗脳かもしれませんよ?笑


無意識にする行為には、隠されたメリットがたくさんあるんです!


自分の体を観察してみると面白いので、どんどん脚や腕を組んでみてくださいね!

そもそもの話

そもそもの話なんですが。


一般的に整体は「歪みを整える」ところ、と周知されています。


まあ、それ自体は間違いというわけではないんですが、何の歪みかってことが大事です。


そもそも体に左右差や長短などの歪みはあって当たり前であって、歪みがない体では元気に生きていけません。

内臓の位置関係、地球の地軸、重力などの影響があるので。


その歪みがある中で、力の均衡を保っているかが肝になってきます。


よく言われる「バランスをとる」というのは、力のベクトルの均衡を保っているということです。

それは反する力の作用によってなされるものであり、対極によって起こる現象です。


押すと引く

伸びると縮む

緊張と弛緩

与えると奪う

動くと止まる

怒ると笑う

悲しみと喜び


そういった対極関係が均衡することを、「バランスがとれている状態」と言うのです。


自分を悲観的に捉えている方がとても多いので言わせてもらいますが、誰でもこの対極する力が働いています。


誰にでも優しく、ずっと笑っている、健康で、誰からも好かれている人なんていませんよね?


どんな人にも憎むという感情があり、愚痴を言うことも、泣くこともあります。

風邪をひいたりケガをすることもあります。

背筋をピンと伸ばしているヨガの先生だって猫背になることをします。

酒、タバコ、ギャンブルをする医者や治療家もいっぱいいますねー笑
これはあまり関係ない話でしたー汗

それらを矛盾として捉えるのではなく、均衡状態を保っていると考えてはいかがでしょうか。


どうも、人はこうあるべきって思う方が多いように感じます。


人が思う理想像って、それこそバランスがとれてない、一本の糸が切れたら崩壊するような危険な状態かもしれないですよ?


話を戻して、そもそも整体で歪みを整えるとは、体の中で働いている力のベクトルの均衡をとることです。

本当の整体って、

左右の脚の長さを同じにするように見せかけたり、
硬い筋肉を柔らかくするだけでもなく、
体液循環、呼吸のリズム、力の伝達がスムーズに行える、心身の調和がとれる体に導くことかなと思います。


その結果が、

痛みがとれたり、
関節がスムーズに動くようになったり、
自律神経が整ったり、
妊娠することができたり、
アレルギーやアトピーが改善したりするのかなと思います。


僕がする整体ってそんな感じなので、そもそも症状で追わないし、施術して数日たってから実感できる体に調整してます。


うちに通ってもらってる方は大病せず、大往生してもらいたいのです。