顎関節の音が鳴る原因(顎関節症)

最近、顎関節症の患者さんが多いような気がする。

 

かなり(何十年)前から口を開けると音が鳴るという人。

大きく開けると痛いので、口を大きく開けたことがない人。

 

気の毒な話が、歯科医に相談してマウスピースをつくったが、効果がなく、諦めてくださいと言われた人もいます。

 

そもそも、顎は頭蓋骨にぶら下がっているブランコみたいなものです。

ブランコは水平な棒に、左右同じ長さのチェーンが付いているから真っ直ぐな振子運動ができます。

 

顎関節症は、この水平な棒(頭蓋骨)が傾いています。

チェーン(靭帯)の長さにも左右差(伸びきっている、縮んでいる)があります。

なので、チェーンと棒のジョイント部分(関節)にかなりの負担がかかります。

 

これを構造で表現すると、音が鳴る意味が解ります。

 

口を開けると、関節が急激に引き離されて滑液の圧力が下がります。

圧力が低下すると関節腔にガス気泡が生じます。

下がった圧力を戻そうとする力によって、ある瞬間に滑液が一気に隙間へと流れ込みます。

その時にポキッという音が鳴ります。

 

ちょっと難しいですが、要は極端に縮んでいる靭帯が引き伸ばされたときに音が鳴るということです。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

これこそ整体屋の得意分野じゃないかと思ってます。

 

頭蓋骨の歪みを整える

靭帯の左右差を整える

頭蓋と顎の軸合わせをする

しかも足元から重心の調整もするので、顎も傾きにくくなります。

 

でも、一回受ければもう大丈夫!ではないので注意してください。

靭帯って筋肉繊維と違って「塑性(そせい)」の性質だからです。

正しい方向へ持続圧をかけ続けないといけないんです。

 

頭から足まで、いいバランスを一定期間キープすることが大切なんです。

 

だからって何カ月も通い続ける必要はないですよ。

この症状は通い続けて良くなっていくというよりも、初回で構造が変わるので症状も劇的に変わります。

それをキープするために一定期間通う必要があるんです。

 

ということは、初回で顎関節の治療を受けて効果がなければ、別の整体屋さんを探すことが賢明ですね。

(宣伝になりますが、うちでの改善率はほぼ100%らしいです 笑)

 

うちに来られる顎関節症の患者さんには、それに合うケアをお伝えしてます。

マジメにされてる方は治りが早いんで僕も楽なんです♪

娘の誕生日

今日は娘の誕生日でした。

もう5才。

子どものなかにも女らしさが出始めております。

 

今はまだパパっ子ですが、数年後には…(汗

いい距離感をとりつつ、いつまでも仲良くしたいもんです。

 

できれば同じ趣味を持つといいんですが、僕がついていけるのはスポーツだけ。

音楽かな、ダンスかな、運動かな。

 

息子と同じテニスをしてくれれば、最近夫婦でテニスを始めたのでなんとかついていける。

ハンドボールなんて言い出した日には、趣味じゃなくてガチの指導になるので注意が必要! 笑

 

さて、何を選ぶのやら。

今から楽しみであり、心配でもあります 笑

あなたが椎間板ヘルニアになったら?

腰痛が長引き、病院で検査を受ける。

医師から伝えられた診断は「椎間板ヘルニア」。

 

早急に手術が必要だと言われ、来週すぐに手術をしていただける運びになった。

とんとん拍子に手術が決定。

 

これって違和感ないですか?

相手に考える余地を与えない手法。

どこかでよく耳にする…sagiの手口 笑。

 

全ての病院がそうだとは言いませんが、そこには患者さんの未来が優先されているのか、お金が優先されているのか、疑問に感じるのは僕だけでしょうか?


自分の身体なんで、自分の責任で何事も進めれば後悔はないんですが、手術後に腰痛が治まらないという話はしょっちゅう聞きます。

自分が選んだ道も、人のせいにする人もいますが、もうどうしようもないですね。

 

そもそも、飛び出している軟骨に神経はないんですけど。

 

その軟骨が神経を圧迫して痛みを引き起こしている?

 

もし本当に圧迫しているなら痛みではなく、感覚が無くなり、運動機能が著しく低下するんじゃないんでしょうか?

 

足が動かない、痺れが強くて触感がないなどの。

 

整体で改善して手術から逃れられた人。

整体で改善せずに手術して回復する人。

どちらでも回復せずにずっと苦しむ人。

 

僕の見解では、当事者の信じる道が何処かで決まると思います。

信じる者は救われるという言葉も、満更ではない、そういうことです。

 

ただその後の人生はどの道を選んだか、どういう在り方を選んだかで雲泥の差がでます。

間違いなく。

 

「治したい。」

「治してもらいたい。」

「治してみろよ。」

 

この違いがそのまんま後の人生になります。

おっさんになって、いろんな人と出会って、その後がどうなっていったか見てるので。

 

僕は「治したい」という人とのつながりを大事に、そういう方の力になれるよう日々勉強しています。

健康情報収集

患者さんから健康情報についてよく聞かれます。

「テレビでやってた○○って実際どうなんですか?」

ってな感じで。

 

体操やストレッチに関しては身体の構造を考えれば良し悪しはわかるんですが、食品に関しては一般人レベルです。

以前はモノに頼らない主義で、健康食品には否定的だったんですが、それを取り入れて変わる人がいる以上、検証が必要だと最近思うようになりました。

 

なので、最近はあえて色々と試しています。

陰陽の体質にもよると思いますが、気が付けば調子がいいというものもありました。

逆に体調を崩すものも。

 

Oリングテストやメタトロンでもわかるのかな?

これも検証が必要ですね。

Oリングは自宅で簡単にできるんですが、メタトロンは近所の歯医者さんでするしかないけど高額なんですよね。

 

色々試すのは楽しいんですが、やはりお金がかかるのがネックです 笑

肩の痛み

腰痛と並んで多い症状。

「肩が痛い」

西洋医学では様々な症状名がついてますが、基本的な治療は痛み止めで麻痺させ、患部を温めて治癒力頼みになります。

 

整体では身体の違和感を探り、そこを解いていきます。

内臓機能の低下、股関節のねじれ、肩甲骨と鎖骨のバランス、胸郭の拡張、…。

あげればキリがないくらいの原因は人それぞれ。

 

それらの多くは、突発的な出来事で痛みが出たのではなく

「気が付いたら」

「朝起きると」

が多いです。

 

これは寝方が悪いとか、筋力低下だとかじゃないんです。

多くは姿勢、動きの問題です。

 

姿勢が悪いと負担のかかる体の使い方になるので、どんなに筋トレしてもいつか壊します。

というか、筋トレは必要ない、かえって悪化させますね。

 

最低限の筋力で大きな力を生み出す。

これが「骨(コツ)」ですね。

 

付け加えるなら、最小限の筋力はできるだけ全身を使うこと。

何事も「小手先」だと痛い目に遭いますよ。

 

含みがある表現ですが、これが答えです。

わかる人にはわかるんじゃないかなと思います 笑