親として

親の状態はモロに子どもに出ます。


親がイライラしていると子どももそうなります。


子どもに対してイライラするというのではなく、何かにイライラして、子どもがそばにいるだけで影響を受けるということです。

なので、子どもが言うことを聞かなくなって、それをイライラしながら注意するとエスカレートしますね。


親がエゴを出して接してしまうと、子どもは歪んでしまうわけです。

で、歪んでしまうと、何かやらかします。

例えば、走っていたら転んでしまったり、何かに頭をぶつけたり、飲んでいる物をこぼしたり、などなどです。


子どもが飲物をこぼしたとき

「集中して飲まないからよ!」

なんて親は注意すると思いますが、集中を阻害させているのは明らかに親ですね。


親がノイズを発しまくって、子どもの集中力を奪っているんですよ。



例えば、子どもが公園で遊んでいたら捻挫したという事例があります。

ちょうど転ぶ前に、お母さんが

「ほら、転ばないようにしなさいよ」

って声をかけていたんですね。


この声かけは、お母さんの

「ケガをせずに遊ぶべきである」

という観念からの声かけだったじゃないかと思います。


そしたら、楽しそうに遊んでいた子どもが、緊張するような雰囲気に変わってしまったんですね。

その瞬間、転んじゃって、足を捻挫していました。

さらに追い打ちをかけるように、

「だから言ったでしょ!!」

ってお母さんが注意しちゃって、子どもは完全に心が折れたようになって、

「痛い!帰りたい!」


と泣きじゃくってしまいました。



人は感覚を失うと、考える力が無くなります。

そうすると何かが起こったときに対処できなくなります。

また感覚があると、トラブルが起こりそうになったら、反応ができるんですが、感覚が無くなると反応できなくなり、動作が鈍くなります。


子どもは話せないかもしれませんし、テストの問題はできないかもしれませんが、親よりはるかに賢いです。


親が教育と称して、余計なことを教えて、子どもをバカにしているんですよね。

考える力のない親ほど、教育したがります。

それはなぜかというと、自分が考える力がないから、子どもが考えてやっていることが、見てわからないんですね。

で、考える力がない人は、「教わらないとできない」と思っているから、教育したがるようになります。

考える力があって、イチイチ教わらなくても自分でなんでもやってしまうような人は、子どもを見れば、考えて行動していることがわかるんですよね。

ですので、そのうちできるようになると思って、教育しようとはしないです。

とにかく、子どもがすることは親がしていることなんですよ。

そして、子どもが問題を起こすときは、親がその状況を作っています。


親がちゃんとしないとですね。

内臓脂肪の原因




食事に気をつけていてるのになかなかお腹がへっこまない。

それは皮下脂肪ではなく、内臓脂肪が原因です。


内臓脂肪は食事だけで減らせるものではありません。

大事なのは姿勢と呼吸。


胸を張った姿勢でいると、内臓が引き伸ばされて臓器間に脂肪がつきます。


お腹だけがポッコリ出てる人は、まず姿勢を変えて呼吸を深くし、横隔膜で内臓を刺激することから始めることです。

お腹を縮こませると内臓を圧迫するという間違え。

そんな嘘に振り回されずにしっかりと腹部を潰して呼吸を深くしていきましょう!

リーキーガット症候群じゃない?




リーキーガット症候群とは、腸の粘膜が薄くなって、バリア機能が低下してる状態のことです。


そうなると、腸粘膜のすき間からいろんなものが血管内に侵入して全身を巡ります。

・未消化の食べ物
・ウィルス
・重金属
・抗生物質
・菌



そして体はそれらを輩出しようと反応を起こします。


それがアレルギー反応なんです。



頭や腰の慢性痛、花粉症、アトピー、ぜんそく、リウマチ 、消化器系の不調、口腔内の問題、精神系の問題、などなど。


原因は食事や口腔内にあるかなと思います。


食べ過ぎない、よく噛む、お薬やサプリを多用しない、人工的なものを食べない、グルテンやカゼインを控える、歯の詰め物に気をつける、など。


リーキーガット症候群が原因だと、整体の効果も実感しにくく、いい状態も長くは続きません。


病院でどんな薬を処方されていろんな整体院に行っても良くならない人、そしてどこもかしこもダメだって嘆いて(愚痴って)いる人、原因は自分なんですよ。



早く気づいて変わってほしいです。
(そういう人ほど気づこうとすらしないけど)

美容と健康には減腔



左右の肋骨は正面から見ると山のような形をしています。

この山のてっぺんの角度が大きいほどお腹が浮腫み、太って見えます。

そして肋骨にへばりついている横隔膜が動き辛いので呼吸も浅く、代謝や免疫力が低下します。

横隔膜が動かないので内臓も動き辛く、消化機能の低下からアレルギーを起こしやすいです。


この肋骨の角度が鋭角になることが美容と健康への第一歩です。


当院では「減腔」という手技を使い、この問題をクリアしています。


全国でも使い手が少なく、富山では当院だけが使っているのではないかと思います。


当院は身体の真ん中を整えて美容と健康を支えていきます!

整体で視力回復?

娘の視力が小学校に入ってから落ちてきています。

なので視力検査に引っかかって、定期的に眼科に通院してます。


いつも目薬が処方されますが、視力検査の数値が上がることは無かったです。


原因はスマホではないかということで、禁止してみました。

しかし検査の数値は変わらずでした。


娘の友達もメガネをかけてる子の方が多いので、娘もメガネになるのではと気にはしてました。


今日の夕方に定期検診があったので、空き時間を利用して5分ほど娘に整体をしました。


整体といっても矯正の類ではなく、膜の緊張を解いてリンパ液の循環を良くしただけですが。



目の玉って硝子体というゼリーを何種類かの幕で覆ってます。

それを視神経で繋いでいます。


要は膜を整えればいいんじゃないって思ったので、顔の筋膜を切りはがして、目を覆う膜の緊張を頭蓋の縫合部から整えてみました。


娘「気持ちよかったー!ありがとー!」

って言ってもらえてバイバイしました。

それから数十分後、視力検査の結果がタイムリーで嫁さんからラインで届きました。


視力0.9→1.2


通院しててもずっと変わらなかったのに、少し整体しただけで変わったことに嫁さん驚きでした。


娘「整体してもらったら目がハッキリするー!もしかして整体のおかげで良くなったんじゃない?」

っていってたみたいです。


嫁さん「なんで早くしてくれなかったのー!」

って怒られました…笑


今回はたまたま娘の顔がむくんでたので施術してみただけだったので…汗



そういえば普段から頭蓋骨の施術後に、

「視界がクリアになったー!」

って、いろんなお客さんが言ってたなーっと思い出しました。


そうか、そもそも整体って、そういうものなんだったわーって思い出しました(汗