歩くと歪みが整う

定期的に来院されるお客さんで、いつも右半身の不調を訴えて来られる方がおられます。


施術後は楽になられるんですが、ちょっと訳あって、なかなかいい状態が長続きできない状態でした。


今回その方が来院され、話を聞くと右半身の不調がないと言われました。


身体を診ていくと、確かに右半身の膨張がない、歪みも許容範囲内、体液もスムーズに循環してました。


何かありましたか?って聞くと、毎日1時間ほど散歩を始めたと言われました。

以前から、散歩すると身体が変わりますよーっておすすめしていたんですが、これほど変わるとは…。


歩く、走る、という行為は体の歪みを整えてくれます。

むくみも解消されます。

無理なく、長く続けれるペースでやってもられば最高ですね。


野球でも、ピッチャーは走り込みをします。

これは下半身が安定して球速アップ、制球力アップと言われていますが厳密にいうと違います。


同じ投球フォームを続けていると、その型通りの歪みが作られます。

走り込みをすることで歪みを整え、力の伝達を助けているんです。

重心の補正です。


この重心の補正ですが、膝の痛み、股関節の痛み、腰の痛みの原因となっている場合が多いです。


僕の場合ですが、特に何もした覚えがないのに膝が痛むことがあります。


そんな時に無理のない程度で散歩を続けると、いつのまにか膝の痛みがなくなっています。


この事実から一般的な見解として、筋力低下からくる膝の痛みが散歩を続けることで筋力アップし膝の痛みが消えた、こんな解釈をする方がほとんどだと思います。


しかし散歩で筋力アップ?そんなバカなって感じです。

人をおんぶして何時間も毎日歩けば話は別ですが、軽い散歩程度で筋力アップはできません。


筋力アップのお話で、こういうことがあります。

ある方がリハビリ施設でマッサージやストレッチ、そしてレッグプレス、レッグカール、レッグエクステンションといった筋トレで膝を強化してたみたいです。
しかしいつまでたっても膝は痛いまま、というより痛みが悪化してるということがありました。


もうツラくて通院が嫌になり、リハビリを辞めて散歩でもするかーってなったみたいです。

それからしばらくすると、いつのまにか膝の痛みがなくなっていたというのです。


そう膝関節の痛みは筋力が原因ではなく、重心の問題だったんです。


人間って歩かなくなるとすぐ不調なにるんですよ。

手術をする目安

あくまで目安のお話です。


病院で、

腰痛の原因が腰椎ヘルニアと言われてる人。

手の痺れの原因が頚椎ヘルニアと言われてる人。


もし、その症状が「お風呂」に入って温めたら緩和されるのであれば、原因はヘルニアではなく、筋肉の硬直の可能性が高いです。


本当にヘルニアが原因ならば、温めたくらいで緩和されません。
常に痛みや痺れがあります。


そもそも人は、ほとんどの人がヘルニアと言われる状態になります。

それでも症状が出る人とでない人の差は何か?

そこが大事なところです。


むやみに体にメスを入れて取り返しのつかない体になる前に。

病院のいいなりになる前に。


他に選択肢がないか確かめてほしいと思っています。

久しぶりのセミナー参加

この前の日曜日、久しぶりにセミナー参加してきました。


最近では腰痛より多い、肩や首に症状がある方に早期改善してもらえる内容でした。


首の骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨、股関節、肘関節、手首、膝関節、足首といった体の主要となる関節に対してダイレクトにアプローチする理論や手技を学んできました。


今までは体液循環をメインに、筋肉、筋膜を操作するセミナーの参加が多かったです。


今回は関節。


関節を操作することで、可動域やつまり感が変化しやすくなります。


50肩、バネ指、寝違えなど、回復に時間がかかる症状がより早く回復できると思います。


今回学んだ理論と手技がまだ消化できてないので、もっと自分に落とし込んでいかなきゃです。

不安と安心と安全

とある方へ

人は誰でも不安を抱えて生きています。

不安の中身は違えど、その不安の要素を少しづつ削っていくことで安心しようとしています。

なので不安感を抱くことは決して悪いことではなく、その人が社会に適合する為の自己防衛機能であるのです。

ここでいう社会に適合するとは、その人が思い描いている人物像であり、普通は〜、みんなは〜、一般的には〜、という感じのかなり抽象的なイメージです。

そのイメージって、その人の思い込みであったり、マスコミからの情報であったりと、実はリアルではないんですね。

でも集団民族である人間ってやつは、みんなと同じことをして安心しようとします。

繁栄するために。


ここで知ってほしいことは、安心=安全と勘違いしてしまうこと。


安心できる環境が安全ではないんですね。

なので人から見れば羨ましい環境にいても、そこに対応できないとまた不安を抱えてしまいます。


大企業に就職したけどリストラにあった。
理想の結婚をしたけど離婚になった。
あらゆる健康法を取り入れ、定期検診もしていたが重い病気になった。
受験戦争で勝ち取った学校でついていけなく退学に至った。


世に絶対安全はありません。

ただ、安全に近づくことはできます。

しかし、それは安心を得ることではないので気をつけてください。


自分にとっての安全とは何か。


マスコミやネットには出てないですよ。

実は身近にいる、あなたが認めた人物です。


僕だったら学生時代の部活の先輩、会社員時代の先輩、整体師を志すきっかけになった師匠、などです。

とにかくマネることから始めました。

仕草や口調まで。


その道で成果を上げている人を徹底的にマネれば、その人に近づけると思っていました。

ただのマネマネかよーって言わないでくださいね。笑

そうやって部活も仕事も上達してきたので。

これは安心を得るためではなく、その道をより安全に進むためのものだったんです。

呼吸まで感じれるリアルな環境ってすごく大事です。

先ほど言っていた不安を解消するための、右ならえ、とは全く別物です。


僕は偉そうにモノを言える人間ではありませんが、これだけは確実に言えることがあります。

不安感を抱いてるならお手本となる人を徹底的にマネることです。


マスコミで〜、ネットでは〜、一般的には〜、という思い込みや勘違いが不安をつくっているんですよ。

その通りに進んで挫折したら誰のせいにするんですか?
誰が責任をとってくれますか?
その後あなたはどうなってしまうんですか?


不安感に悩まされている人ほど、見えない人を目指すのではなく、リアルな人に習って下さい。

周りにいる人を徹底的に調べれば、必ず目標にできる人は存在します。

そんな人いないって言ってるのは、徹底的に見てないからです。


それでもなかなか進めないという人。
何でもひとりで抱える必要はありませんよ。

周りの人に頼っていいんです。

助けてもらわなきゃどんな優秀な人でも生きていけないんです。


そんな僕も周りの人に助けもらいまくって生きています。


そういえばワンピースのルフィもいってましたね。

おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信があるって!笑


そうすることで今まで見えなかったものが見えててきます。

その見えてくるものこそ、リアルな、あなたの、生きる道ではないでしょうか。

揉めばいいですか?

お客さんから施術後によく言われることがあります。

「揉めばいいですか?」

この言葉は、痛みや痺れの原因となる筋肉をほぐせば症状は解消されるということから出たものでしょう。


自分でケアをすることはとてもいいことなので、揉むことをやめてくれとは言いませんが、揉むという行為は実はとても難しいのです。


筋肉繊維の方向や筋膜との関係、揉む時の手、姿勢など、気をつける事がたくさんあります。


良かれと思ってやっている事が、結果的に悪化させる事があります。


なので、安全に確実にケアをするには手を当てる「愉気法」を勧めています。

手を当てるだけですが、効果は揉むよりも確実にあります。


やってる感はあまりないので受け入れられにくいですが。


なので、揉むよりも愉気法がベターですがそれでも揉みたい人に言いたい事があります。


筋肉は強く揉まない事。

筋肉繊維を潰す方向には揉まない事。

揉む時の指を力ませない事。

対象となる筋肉付近の関節を動かしながら揉む事。


最低でもこれらは守って下さいね。