健康情報収集

患者さんから健康情報についてよく聞かれます。

「テレビでやってた○○って実際どうなんですか?」

ってな感じで。

 

体操やストレッチに関しては身体の構造を考えれば良し悪しはわかるんですが、食品に関しては一般人レベルです。

以前はモノに頼らない主義で、健康食品には否定的だったんですが、それを取り入れて変わる人がいる以上、検証が必要だと最近思うようになりました。

 

なので、最近はあえて色々と試しています。

陰陽の体質にもよると思いますが、気が付けば調子がいいというものもありました。

逆に体調を崩すものも。

 

Oリングテストやメタトロンでもわかるのかな?

これも検証が必要ですね。

Oリングは自宅で簡単にできるんですが、メタトロンは近所の歯医者さんでするしかないけど高額なんですよね。

 

色々試すのは楽しいんですが、やはりお金がかかるのがネックです 笑

雪かき

とうとう本格的に雪が降ってきましたね。

施術より雪かきの方が体力使います。

 

施術の合間に雪かきするんですが、すぐに積もってしまうのでキリがない。

今日はまだ空き時間があったからいいんですが、朝から休憩なしに続くときがあるのでそんな時はお手上げですね。

 

そう、雪かきといえばよく腰痛になる人がいます。

これにもコツがあって、疲れにくく腰に負担をかけないやり方があるんです。

 

スコップの握り方ひとつでガラッと変わります。

 

スコップの先の方を握る手、右利きなら左手、これを下から持つのではなく上から持ちます。

握り方は小指から、人差し指は添える程度で。

 

さらに楽にするには、かかとと小指側に重心を持ってくる。

 

なぜか?

説明すると超長くなるので、詳しく知りたい方は直接聞きに来てください 笑

 

体の使い方で日常がとても楽になるので普段から意識してみましょう。

赤ちゃんと来院

当院によく産後のお母さんが来院されます。

赤ちゃんといっしょにマットに並んで寝てもらいます。

すぐ横に赤ちゃんがいるので、お母さんは安心して施術を受けれます。

 

問題は寝てくれない、起きていてぐずる子がいます。

授乳→施術→授乳→施術…。

この繰り返しはけっこうきついです。

 

赤ちゃんの機嫌がいいと、僕の顔芸で笑わせながら施術できるので楽です。

僕は3倍疲れますが 笑

 

人見知りしない子は僕が抱っこしながら施術もします。

これをするとよく寝ていきます。

 

施術者である僕がリラックスして施術しているので、それと同調しているのかもしれませんね。

これはすごく大事で、人は身近な人の状態(身体・心)と同調して一緒の感情にもなりうるのです。

 

こちらの力みや緊張も患者さんにうつります。

そうなると施術の効果も激減します。

 

まずは自分を整えること。

そうすることが最大限の施術効果を発揮する条件です。

 

お母さんの状態を確認するときは、赤ちゃんを目安にすることもあります。

お母さんの状態が赤ちゃんに反映されているので、親子で来院されるときは赤ちゃんもみてるんです。

 

つくづく、赤ちゃんってお手本だな〜って思います。

初顔合わせ

3か月前から定期的に通院されている双子のお話。

今日も親子三人でいらしたんですが、弟君が初めて顔を見せてくれました。

今までは顔を隠しての施術でした。

発達障害の子にとって、慣れない場所で慣れないことをされることに恐怖心があったのかもしれません。

そんな弟君が初めて顔を見せてくれて目を合わせることもできました。

一瞬ですけど、なんかとても嬉しい気持ちでした。

やっと心を開いてくれたんだなって。

ここまで三カ月かかりましたが、これから言葉も増えていくといいな。

きっと楽しい会話になると思います。

僕の心をフルオープンしながらノックしていこうと思います。

整体って身体を整えるだけじゃないんですね。

帰省中に来院

正月休みで帰省中の方の来院が多いです。

県外、海外といろんなところから。

帰省されると必ず顔を出していただけるのでとても嬉しいです。

 

そのなかで身長190cmあるハンドボール選手が来院しました。

前年度のインカレ優勝(学生日本一)を経験した大学生。

 

今はケガでリハビリ中なので、それに合う施術とケア方法を伝えました。

ヘルニアの診断を受けたみたいですが、それは結果であって動けない原因ではないことも伝えました。

なぜなら施術後には動けるからです。

 

整体でヘルニアは治せませんが、施術後に動けるということはヘルニアが原因ではないということではないでしょうか。

そして早期回復できる身体になるよう施術したので、後は伝えたケアを続けて復活を願うのみです。

 

自己管理意識が高い彼ならきっと大丈夫でしょう。

 

僕が大学生のころより、よっぽどしっかりしてますもん 笑