寒暖差疲労

寒暖差疲労とは

前日との気温差が5℃以上あり、自律神経の働きにより体温や血圧などを一定に保つために起こる自律神経の疲労のことです。


前日との気温差だけではなく、1日の中での気温差や気圧の変化(気象病)も大いに関係してきます。


体内を一定の状態に保つため暑い時は汗をかき(副交感神経)、寒い時は体を震わせます(交感神経)。

これが自律神経の働きです。



この自律神経の切り替えがうまくいかない状態(疲れ)が現代の様々な症状を引き起こしているようです。


特にこの時期は寒暖差疲労の方が目立ちます。


ちなみに台風の時期も同じような症状の方が多くなります。


寒暖差疲労と気象病ってどちらも自律神経の働きに障害が出てる状態なんですね。

さらにいうとアレルギーもです。


来院される方で多い症状

1.めまい
2.頭痛
3.食欲不振
4.不眠
5.ぎっくり腰

こんな感じです。


自律神経からくる不調って、一般的な筋肉のほぐしと骨盤矯正だけじゃあまり効果がありません。


浮腫みをとりつつ、血液の流れ、リンパの流れ、脳脊髄液の流れ、膜(ファシア)の滑走性、呼吸状態を整えなくてはいけないんです。


手法は何でもいいと思います。

整体、鍼灸、マッサージ、体操など的確にアプローチさえできれば。


もし自分で何とかしたいのならば、まずは汗をかくくらい運動(散歩も可)すること。

ご飯は食べすぎず間食をしないこと。
いつもの半分の量でいいのでしっかり咀嚼して食べること。

薬を飲まないこと。
はっきり言いますが、薬に依存していると自律神経の乱れは確実に悪化します。
漢方薬も同じです。
サプリメントも同じです。
それぞれの添付文書をよく読んでみて下さい。
副作用がありますよ、確実に。


健康オタクになる必要はないのですが、最低限の知識は持ちましょう。


現代人って要は体に毒が溜まりすぎてるんですよ。

現代生活において毒の摂取は避けられません。

大事なのは摂っても排出すること。
デトックスできる体です。


それにはシンプルな生活がいちばんですね。
お金をかけて色々なものを取り入れてもかえって悪化しますよ。


なので僕も施術では痛みをとる手法はあまり使わず、デトックスできる体に仕上げてます。

そもそも体の機能が正常に働いている状態だとだいたいの不調は自然に治ります。
痛みだろうがアレルギーだろうが、病気さえも。


なかにはそれだけでは治らない方もおられますが、そのために手技療法があるんです。

自然治癒力を阻害してるモノを排除し正しく働かせるために。


でもまずは、自分で出来ることやってみてください。

そのお手伝いや助言は惜しまずしますよ!
コメント