慢心

最近、申し訳ないと思ったことです。

お尻の痛みを訴える方の話ですが、当初はすぐ良くなるだろうって思ってました。

ちなみにお尻の痛みって女性に多く、人によっては腰痛だと訴えてくることも多いです。

病院ではお尻のどこが痛むのかで診断名も違うみたいです。


坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、仙腸関節障害、梨状筋症候群など。


整体やカイロ といった手技療法には、これらの症状を改善させるセミナーが多く存在しています。


多くは首都圏で開催され、セミナー代は安くて2〜3万、高くて70万〜100万ってのもあります。

講習時間は短くて1時間半くらい、長くても7時間くらい。

セミナー定員数は少なくて5人程度、多いところだと80名くらいいましたね。

講師の時給、いくらなん?
って感じです。


しかもどこも似たような手技で、ちょっと形と名前を変えてるだけのところがほとんどでした。

ホンモノと言われるセミナーは一割にも満たない業界ですから。



話がそれましたが、こんなセミナーで症状別の手技を習っても現場ではあまり通用しません。


なのでお尻が痛い人に坐骨神経痛セミナーの手技や、仙腸関節障害セミナーの手技などをしても良くならないことが多々あるんです。



やっぱり大事なのは見立て。



しっかりとした検査をして、原因を突き止めればいいんです。


後は揉んでも、押しても、摩っても、撫でても、何しても効果ありますから。


今回はその見立てを誤り、なかなか回復できなかったです。



初回の検査で股関節の機能障害まではすんなりわかったんですが、それから股関節に関する手技を続けても症状が治まってこなかったんです。



結果としては下腹部のハリ、ファシアの滑走性低下からくるものだったんですが、ここにたどり着くまで1ヶ月かかってしまいました。


そこを狙うと股関節の機能が回復し、お尻の痛みも今までにないくらい落ち着いてくれました。


まだ気が抜けない状態ですが、なんとか目処がたちました。


股関節という狙いを変えず、手技を変えて色々とやってた時期に、なぜ徹底した検査をしなかったのか。


お客さんには大変申し訳なかったです。


どうも最近調子に乗ってたみたいです。


慢心が招いたものでした。



こんな恥ずかしいこと書きたくなかったんですが、自分への戒めとして残しておこうと思います。
コメント