痛み

痛みを感じるのは脳です。


脳はポリモーダル受容器から発せられる電気信号を受けて痛いと感じるわけです。


ポリモーダル受容器は何種類かあるオータコイドと結合して電気信号を送ります。

このポリモーダル受容器は、
「内臓器官」
「筋膜」
「骨膜」
「関節包」
「真皮」
にあります。


このポリモーダル受容器が何種類かあるオータコイドと結合しなければ、痛みは発生しません。



とまぁ、よくわからない説明かもしれませんが、簡単に言うと痛みの信号は身体中にあり、何かのきっかけで信号を送るってことです。


原因もいくつかありますが、多いのが酸欠と循環不良ですかね。


それを改善するのに運動、体操、整体などの手技療法があるわけです。


まれにこれ以外の痛みの原因もあります。


「記憶」からくる痛みです。


これが人によっては厄介になります。

それを改善する手法もありますが、これは目に見えない世界の話なので一般の方には胡散臭く感じるでしょうね〜。
コメント