不調の背景

体に痛みやコリがあって不調だと感じる時、大抵の人は経験やネットで原因を探ります。


その行き着く先が「体の歪み」や「自律神経の乱れ」などの解剖学になるケースが多いです。


けど同じ仕事をしている同僚や、家庭環境(家族構成)が似た友達、似た食生活している周りの方々をみてください。


不調の方もいれば元気な方もいますよね?


この差ってなんなんでしょう。


細かくあげればいっぱい出てきますが、僕が思う大きな要因に「自分の居場所」に不安を感じているか、というのがあります。


人には憧れや目標があります。

みなそれを実現したいから努力します。

ただ、これがズレていくと強迫観念になります。


〇〇しなきゃいけないorダメ、〇〇をするべきだorしなきゃいけない、っていう状態です。


さらに言うなら、その背景には劣等感があり、恐怖や不安に苛まれているように感じます。


これが緊張体質をつくる元凶なのかもしれません。


緊張体質になると自律神経は乱れ、体液循環もスムーズにいかなくなり、筋肉も酸欠状態になってこわばり、骨格が捻れてきます。

当然、受容器にも影響がでてくるので免疫疾患、アレルギー症状やアトピーなどが出てきます。


こういう場合、まずは自分の居場所の定義を確かめるといいでしょう。


難しくいうと、幸せとは?満足とは?など、そういったことを確認すると、他人と比較している自分に気づいてくるかもしれません。


人それぞれ境遇、環境は違います。

価値観も違います。


もし理想の在り方というものがあるとすれば、自分の価値観で決めちゃっていいと思います。

時には変えちゃってもいいんじゃないでしょうか。


他人から映る自分をいくら綺麗にしても、そこに自分という存在はあるんでしょうか。


そこに焦点を当てるのではなく、自分が気持ちいい在り方でいいのではないかと思います。


そうするといろんなブロックが外れて楽になってきますよ。


不調体質の方には自己否定感が強い方が多いですが、誰だって知らず知らず人の役に立っているんですよ。

いいところ、けっこうありますよ。


自分を追い込まず、もっと適当(ちょうどいい)を心がけてみてはいかがでしょう。


気持ちが変われば体も変わりますよ。

心身の調和ってこんな感じなのかもしれませんね。
コメント