そもそもの話

そもそもの話なんですが。


一般的に整体は「歪みを整える」ところ、と周知されています。


まあ、それ自体は間違いというわけではないんですが、何の歪みかってことが大事です。


そもそも体に左右差や長短などの歪みはあって当たり前であって、歪みがない体では元気に生きていけません。

内臓の位置関係、地球の地軸、重力などの影響があるので。


その歪みがある中で、力の均衡を保っているかが肝になってきます。


よく言われる「バランスをとる」というのは、力のベクトルの均衡を保っているということです。

それは反する力の作用によってなされるものであり、対極によって起こる現象です。


押すと引く

伸びると縮む

緊張と弛緩

与えると奪う

動くと止まる

怒ると笑う

悲しみと喜び


そういった対極関係が均衡することを、「バランスがとれている状態」と言うのです。


自分を悲観的に捉えている方がとても多いので言わせてもらいますが、誰でもこの対極する力が働いています。


誰にでも優しく、ずっと笑っている、健康で、誰からも好かれている人なんていませんよね?


どんな人にも憎むという感情があり、愚痴を言うことも、泣くこともあります。

風邪をひいたりケガをすることもあります。

背筋をピンと伸ばしているヨガの先生だって猫背になることをします。

酒、タバコ、ギャンブルをする医者や治療家もいっぱいいますねー笑
これはあまり関係ない話でしたー汗

それらを矛盾として捉えるのではなく、均衡状態を保っていると考えてはいかがでしょうか。


どうも、人はこうあるべきって思う方が多いように感じます。


人が思う理想像って、それこそバランスがとれてない、一本の糸が切れたら崩壊するような危険な状態かもしれないですよ?


話を戻して、そもそも整体で歪みを整えるとは、体の中で働いている力のベクトルの均衡をとることです。

本当の整体って、

左右の脚の長さを同じにするように見せかけたり、
硬い筋肉を柔らかくするだけでもなく、
体液循環、呼吸のリズム、力の伝達がスムーズに行える、心身の調和がとれる体に導くことかなと思います。


その結果が、

痛みがとれたり、
関節がスムーズに動くようになったり、
自律神経が整ったり、
妊娠することができたり、
アレルギーやアトピーが改善したりするのかなと思います。


僕がする整体ってそんな感じなので、そもそも症状で追わないし、施術して数日たってから実感できる体に調整してます。


うちに通ってもらってる方は大病せず、大往生してもらいたいのです。
コメント