まずは筋肉

最近になって、強く思うことがあります。

整体って筋肉にどうアプローチするかで決まるんじゃないかなと。


骨の位置を変える。

関節を矯正する。

など、骨を主体に考えてきましたが、それだけでは施術効果が長く持たない方が結構おられるんです。


同じことをするにも、前もって筋肉をほぐしておくと施術効果は上がり、いい状態も長持ちするようです。


関節は靭帯と骨からなりますが、細かく分けると筋、滑液、滑膜、軟骨などの集合体です。


それらの関係性を決めるのが筋肉かなと思います。

筋肉の動きは神経が決めているので、そういう意味でも筋肉は変化を起こすには決め手になります。



何事にも筋を通す。



昔から言われていることですが、筋とは筋肉繊維のこと。


まずは筋肉を通す(連動性を出す)。

それから関節の位置を変える。


この順番が効果が高いのかなと思います。



痛くない、揺らすだけの手技

ソフトタッチだけの手技

エーテル体だけに触れる空間技



これらを否定するつもりはありませんが、これらだけで体が変わるほど人間って簡単ではないですね。


人間の体を変化させるには、魔法みたいな瞬間的に変わる手技は絶対に存在しません。


地味でシンプルな泥くさいやり方なのかもしれません。
コメント