マニアックな検査法

整体や鍼灸などの手技療法家が使う検査法というのがあります。


だいたいは筋力テストと言われるもので、施術後に力が入るようになってるかを確認するものです。


施術でこれだけ体が変わりましたよーっていうアピールみたいなものです。

最も有名なのがOリングテスト。

次いで、施術者が受け手を押すテスト。

施術者が受け手に負荷を掛け、力が入るか入らないかかを認識させる、認識療法というものです。


気づいている方もおられるでしょうが、ほとんどが施術者側のチカラ加減で決まるものです。

詐欺とまで言わないですが、催眠みたいなもんです。


後は関節の可動域をみるテストもあります。

本来は体が整っていればテストをするまでも無く実感できるものですが、テストする行為に頼らざるを得ないところもあるみたいですね。


本物の検査法とは催眠とは全く違うんですが、悲しいことにほとんどが検査という名の認識療法、ひどいところだと催眠療法を使ってるみたいです。


本物は脳波をみるみたいです。

僕はかじった程度なので使うことはほとんどないです。


今日は、改めて発見したというか、思い出したというか、そんな検査法を試していました。


結果、施術の改善スピードは飛躍的に上がりました。


僕は見た目や空間でほとんどの人を検査していました。

けど今日は全身の状態を手に転写させて、検査と施術を兼ねてみました。

そうすると受け手も手の痛みと患部の痛みがリンクしていることに気づいてくれて、原因となるところが患部になく、他の部位にあることを手を通して体感していただけました。

双方納得できるものでした。


誰でも使えるとのではなく、ある程度体を観察できる人向けですが。


これを万人に使えるようにしてかなきゃですね。

この検査法、調整を兼ねてるし、受け手にもわかりやすく、詐欺でもないなで、ここ近年では一番の発見になりました。

元は共鳴法という、手から全身調整をする魔法みたいな技法です。

これを自分なりに使いやすくしていくと、いつのまにか検査法になったって感じです。


やっぱり人間の体って面白いなーって改めて思いました。
コメント