ペインチャート図

感情と体の痛みが密接な関係であることが示されているペインチャート図(出典:カラパイアさん)を見つけました。

 

体の不調は筋骨格だけの問題だけではなく、感情からも影響を受けているものです。

 

図を見ていると、確かに一致するケースがいくつもあります。

 

感情もありますが、性格や気質によるところも無視できないですね。

 

 

首:物事を様々な角度から捉えられない人に多い。頑固・強情
肩:自らの能力を好意的に社会に活かしているが、自らの態度が重荷となっている。
脊椎:主に日常生活でのサポートに関連するものが多い
脊椎(上部):感情面でのサポートが足りていない証拠。愛情を十分に受けておらず、心の中に秘めた感情を吐き出せていない
脊椎(中部):罪の意識・過去の束縛
脊椎(下部):金銭面での悩み・恐怖・トラブル
肘:人生の転機と新しい事への挑戦を受けた時に見られる
手首:物事の移り変わりとそれに伴う安堵感
腰:大きな転機で前進する事に対する恐怖感
膝:プライドとエゴ・意見を曲げる事の出来ない強情さ・恐怖等
足首:強情さと罪の意識。また足首は快感を受けた時に反応しやすい部位でもある
バニオン(足の親指内側に出来る腫物・腱膜瘤):新しい経験に対する満たされない気持ち・不満感の現れ

他の関連性
関節炎:愛情の足りていない状態、非難・憤り
骨折:権力に対する反感
骨液包炎:抑制した怒り
炎症:恐怖、他の炎症を見た事によっても引き起こされる
関節痛:人生の転機とこの転機による安堵感
身体のバランスが取れない時:未整理な一貫性の無い感情・考え
坐骨神経痛:偽善者になりがち、金と未来の心配を持っている
椎間板ヘルニア:優柔不断、人生でのサポートが足りていない
捻挫:人生の方向性が気に食わない、怒りと抵抗の現れ
凝り:硬直した状態
全体的な脱力感:精神的休養の必要性あり

コメント