坐骨神経痛の例

坐骨神経痛とは
腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。


これが坐骨神経痛の一般的な定義ですが、原因は人によって違います。


「坐骨神経痛にはここを調整すれば大丈夫!」

そんな風に教えている手技セミナーが多いですが、その通りにやって改善されるケースは良くても5割。

半分以上は「まさかここから?」ってところからきていますね。


腰方形筋のこわばりからくる腰椎の捻れ。

腓骨下がりからくる脛骨腓骨間の開き。

下腿の浮腫みからかる血行不良。

大腿骨の外転からくる坐骨神経の圧迫。

などなど。

これは坐骨神経痛に限らず、腰痛や肩の痛みでも同じです。


最近、「もしかして…」って思うことがあります。


脳からの電気信号のエラー。


部位の調整後に、頭蓋調整をするかしないかで、一週間後の状態が違うことが明らかになりました。


調整といっても矯正の類をしなくても、ソフトタッチで緊張を抜いていくだけで充分みたいです。


やはり全身を見ていかないと本当の意味で回復していかないんだなーって改めて思います。


手を抜けない、見落とさない、気が抜けない、最近は施術後にどっと疲れます。

もう若くないし、なるべく休憩を入れながらしていかなきゃですね。
コメント