前を向けない

「首が落ちて、前を向けない」

背中が屈曲し、顔が完全に下を向いてる方の言葉でした。


常に下を向いてお仕事を続けてこられ数十年、最近になって急に首が固まってきたと言われました。


おそらくずっと前から前兆はあったのでしょうが、休めば治る、疲れが溜まってるだけだと認識されていたのでしょう。


この様な方に全身弛緩術を施すと大変なことになります。

特に年配の方、子どもは気をつけなきゃいけません。


筋肉は適度な「弛緩と緊張」のバランスでないと自律神経の乱れにつながります。


伸び切ったゴム状態の筋肉、圧迫から骨みたいに硬くなっている筋肉、それらを見分けて施術しないと危ないんです。


伸びきってるものを縮める、縮んでるものを伸ばす。

シンプルなやり方ですが、効果は絶大ですね。


ある程度首が安定してくると後は力の伝達を体に思い出してもらう調整に移行します。


・下脚と腹部をつなげる
・腹部と上肢をつなげる
・下脚と臀部と上肢をつなげる


ここまでたどり着くと、多部位の症状もほぼ消えますね。


この「つなげる」って調整はマニア向けで一般ウケしないのが問題です。

なんとか一般ウケさせるように、それをいろんな方に伝えていかなくちゃなーって思ってます。

春までに仕上げなきゃな。
コメント