へバーデン結節

へバーデン結節とは指の第一関節が変形して曲がってしまう疾患です。

原因不明と言われており、現状維持を目指した治療方針らしいです。

主に痛み止めの薬で痛みを緩和させ、テーピングやサポーターで患部を保護しながら日常生活を続けることが一般的です。


このへバーデン結節ですが、実は整体でなんとかなることを知らない人が多いです。

へバーデン結節もちで腰痛や五十肩の症状をなんとかしたいと来院された方たちは、へバーデンはもう諦めてるって言われます。


へバーデンより腰や肩をなんとかしてって言われるんですが、実はへバーデンの原因ってとても単純なんですよ。


老廃物が指の第一関節に溜まってるんです。

それを流す施術をし、関節の滑り転がり運動を潤滑にする凹凸の原理を施すと改善に向かいます。


患部の他に施術する箇所は肩や肘にあるポイントの三箇所くらい。

この三箇所あるポイントが流れを塞き止めてるって感じですね。


身体の原理・原則から考えると、原因不明と言われる症状でもなんとかなるもんだなーって思います。


でも今のやり方が完璧な正解とは思ってないので、もっと勉強が必要です。


いつも僕の勉強に体を預けて付き合ってもらってる常連さんには感謝しかありません。

いつもありがとうございます。
コメント