揉めばいいですか?

お客さんから施術後によく言われることがあります。

「揉めばいいですか?」

この言葉は、痛みや痺れの原因となる筋肉をほぐせば症状は解消されるということから出たものでしょう。


自分でケアをすることはとてもいいことなので、揉むことをやめてくれとは言いませんが、揉むという行為は実はとても難しいのです。


筋肉繊維の方向や筋膜との関係、揉む時の手、姿勢など、気をつける事がたくさんあります。


良かれと思ってやっている事が、結果的に悪化させる事があります。


なので、安全に確実にケアをするには手を当てる「愉気法」を勧めています。

手を当てるだけですが、効果は揉むよりも確実にあります。


やってる感はあまりないので受け入れられにくいですが。


なので、揉むよりも愉気法がベターですがそれでも揉みたい人に言いたい事があります。


筋肉は強く揉まない事。

筋肉繊維を潰す方向には揉まない事。

揉む時の指を力ませない事。

対象となる筋肉付近の関節を動かしながら揉む事。


最低でもこれらは守って下さいね。
コメント