腰痛にならないコツ

腰を痛める人の中で、重いのもを持った時って答える人は多いと思います。

「腰を痛めないように重いものを持つコツってありますか?」

こんな質問があったので答えますね。


シンプルに言うと、息を止めずに腰を使わない、ということです。


ものを持つのに腰を使わないなんてありえない、そう思うかもしれません。
確かにありえません。が、そこに意識を持たないということを言いたいわけです。


実生活において、ものを持つ環境って様々です。
足場が確保できない、体から離れたところにものがある、しゃがめない場所、異様な形のものを持つなど、重量挙げみたいな最適な条件が整ってる競技とは違うわけですから。


そんな中で腰を意識して使うと確実に痛めちゃいますよね。
そもそも持つのは手で踏ん張るのは足なわけですから。


だからどんな環境でも全身を使えるよう意識してほしいです。
特定の筋肉を意識せず体全体で立ち向かっていきましょ。



そこに呼吸が大きく関係してきます。
力を入れるとき、無意識で息を止めてる人が多いです。特に腰を痛めやすい人は。

力を入れるときの息を止めてる状態って、身体に空気をいっぱい入れて膨張させて封をした状態なんです。


そんな状態でストレッチしても全然伸びないですよね?頭ではわかってても実生活では出来てない人がほとんどなんですよ。


よく伸びよく縮む筋肉であることが、腰を痛めない必須条件です。
日頃からストレッチをして身体を柔らかくしてくださいって言ってるわけではなく、今もてる最大限の伸び縮みを活用して下さいってことです。


だってすごく柔軟なヨガの先生でもぎっくり腰や肩こりはしますから。


大事なことは、体の動きに合わせて呼吸ができているか、そこなんです。


空のペットボトルを身体に例えるなら、かがむ姿勢は空のペットボトルをベコって曲げた状態です。

そうすると中の空気は飲み口から出ますよね?容積が変わるので当然です。

でもこの当然なことが出来てないから痛めるわけです。


どこで吸う吐くと考えると息が止まりますから、鼻と口の蓋をフリーにしておいて、勝手に空気が出ていく入っていく、ということを感じて下さい。


僕はしたことないですが、メンソールのリップクリームとかを鼻や唇に塗っておくとわかりやすいかもですね。
念を押しますが、僕はしたことないのでおススメはしませんが騙されてやってたみたという人がいたら教えて下さいね!笑
コメント