親として

親の状態はモロに子どもに出ます。


親がイライラしていると子どももそうなります。


子どもに対してイライラするというのではなく、何かにイライラして、子どもがそばにいるだけで影響を受けるということです。

なので、子どもが言うことを聞かなくなって、それをイライラしながら注意するとエスカレートしますね。


親がエゴを出して接してしまうと、子どもは歪んでしまうわけです。

で、歪んでしまうと、何かやらかします。

例えば、走っていたら転んでしまったり、何かに頭をぶつけたり、飲んでいる物をこぼしたり、などなどです。


子どもが飲物をこぼしたとき

「集中して飲まないからよ!」

なんて親は注意すると思いますが、集中を阻害させているのは明らかに親ですね。


親がノイズを発しまくって、子どもの集中力を奪っているんですよ。



例えば、子どもが公園で遊んでいたら捻挫したという事例があります。

ちょうど転ぶ前に、お母さんが

「ほら、転ばないようにしなさいよ」

って声をかけていたんですね。


この声かけは、お母さんの

「ケガをせずに遊ぶべきである」

という観念からの声かけだったじゃないかと思います。


そしたら、楽しそうに遊んでいた子どもが、緊張するような雰囲気に変わってしまったんですね。

その瞬間、転んじゃって、足を捻挫していました。

さらに追い打ちをかけるように、

「だから言ったでしょ!!」

ってお母さんが注意しちゃって、子どもは完全に心が折れたようになって、

「痛い!帰りたい!」


と泣きじゃくってしまいました。



人は感覚を失うと、考える力が無くなります。

そうすると何かが起こったときに対処できなくなります。

また感覚があると、トラブルが起こりそうになったら、反応ができるんですが、感覚が無くなると反応できなくなり、動作が鈍くなります。


子どもは話せないかもしれませんし、テストの問題はできないかもしれませんが、親よりはるかに賢いです。


親が教育と称して、余計なことを教えて、子どもをバカにしているんですよね。

考える力のない親ほど、教育したがります。

それはなぜかというと、自分が考える力がないから、子どもが考えてやっていることが、見てわからないんですね。

で、考える力がない人は、「教わらないとできない」と思っているから、教育したがるようになります。

考える力があって、イチイチ教わらなくても自分でなんでもやってしまうような人は、子どもを見れば、考えて行動していることがわかるんですよね。

ですので、そのうちできるようになると思って、教育しようとはしないです。

とにかく、子どもがすることは親がしていることなんですよ。

そして、子どもが問題を起こすときは、親がその状況を作っています。


親がちゃんとしないとですね。
コメント