アッヘンバッハ症候群

アッヘンバッハ症候群とは

 

外傷や血液凝固能異常などの明らかな誘因がないにもかかわらず、突然手指や手掌(まれに足趾・足底)などに痛みや痺れ・つっぱりといった異常感覚が生じ、同部位に血腫が形成される疾患である。血腫ができると、腫脹で神経や血管が圧迫されるためか、時には屈曲などの運動が障害され指が蒼白化する人もいるようである。

 

 

ネットに出てることをまとめると、

 

・浸潤性の皮下出血や紫斑を残し、数日から数週間持続した後に自然消失する

 

・短い間に繰り返す人もいれば、数年に1度という人もいる

 

・よく出来る部位は「人差し指」「中指」

 

・原因としては、加齢に伴う血管の弱体化

 

・はっきりした原因はよくわかっていない

 

 

僕が考える原因として、これは血糖値が大きく関係していると思います。

糖尿病の人の足が腐っていくのは足の血管が糖で傷つけられるからだそうです。

なので血糖値が高い人、血糖値スパイクを起こす人がこのアッヘンバッハ症候群になりやすいと考えています。

 

そうなると、根本的治すには食事に気を付けることですね。

食べるもの、食べる順番、食べる時間帯、噛む回数などです。

 

しかし、急に糖質制限をすると禁断症状が出るので注意してください。

急激な変化は体がびっくりします。

徐々に、ゆっくり取り組んでいきましょう!

 

僕がアッヘンバッハ症候群や糖尿病の方を施術するとしたら、

・膵臓

・横隔膜

・側頭骨

この辺の調整をします。

コメント