変形性股関節症

変形性股関節症とは、老化や股関節の形状異常などが原因で股関節の軟骨が徐々にすり減り、炎症が起こって痛みが出てくることです。


進行するにつれて骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲ状の骨や、骨嚢胞(こつのうほう)と呼ばれる空洞ができます。


この変形性股関節症は、変形性ひざ関節症と違い、しばらく安静にすると痛みが消えてきます。


これが厄介で、痛みが消えたからといって治ったと勘違いする人がとても多いです。

放置しておくと股関節の軟骨がどんどん変形していき、痛みが再発する頃には骨棘や骨嚢胞ができてしまってるわけです。


しばらく療養しても痛みが治まらない末期状態では、普通の生活ができないでしょう。


立っていられない、歩けない、寝てても痛みで熟睡できない、など。



一般的な治療として、整形外科で投薬やヒアルロン酸注射、リハビリがメインになります。

そしてその後は人工関節の手術ですね。

しかも人工関節もすり減るので定期的な手術です。



この治療の根底にあるのが、


「軟骨は再生しない」


という嘘。




軟骨は再生します。




再生しないのは、それを邪魔する負荷や圧力がかかっているからです。

股関節が悪い人は、そこだけ悪いわけではありません。

肩や胸、膝や足先などから股関節を引っ張ってるんです。

この負荷を取り除けば、股関節に圧力がかかることも無くなるので、軟骨が再生して形を成すことができるのです。


そして体内でコラーゲンを生成させる食事にすること。
口から入る栄養素は体内で原子転換されるので、サプリメントをいっぱい食べても意味ないですよ。

サプリメントを摂取するくらいなら、精製された砂糖や化学薬品で作られた添加物、悪い油をやめた方がよっぽど治りは早いです。


自分の身体に向き合える人はケガだろうが病気だろうが治るのも早いですよ。
コメント