熱中症と頭痛

暑い日が続いてますね。

最近、来院される方に頭痛を訴えてくる方が多いです。

熱中症からくるものなのかもしれません。


熱中症といっても、水分不足の脱水からくるものではなく、自律神経からくるものが多いような気がします。


血管の拡張により脳が酸欠状態になって頭痛がする、そういう状態かもしれません。


この血管の拡張ですが、本来は自律神経がコントロールしてます。


しかし、この自律神経の働きを邪魔するものがあります。


それは「冷え」です。


この暑い季節で冷えといってもピンとこないかもしれませんが、体は熱を下げようと汗をかいたり血圧を下げたりします。

これに拍車をかけて糖分を摂取すると過剰に体は冷えます。

さらに氷入りの飲み物で、その効果は絶大になります。


そう、キンキンに冷えたスポーツドリンクが原因となっています。


糖分は頭を覚醒させるので、スポーツドリンクを飲むと元気になったという錯覚に陥ります。

砂糖は麻薬ですからね。


しかし、それが切れると頭痛や気持ち悪さが出てきます。


運動後、帰宅してから症状がでてくるんです。


なので水分補給は水か番茶がいいかなと思います。

お茶を選ぶ基準としては、なるべくケイ素が多く入っているものがいいですね。


ちなみに一流のプロ選手は、ドリンクに塩やクエン酸など入れてます。
誰も砂糖は入れてないですよ。
コメント