好転反応

まれに施術した翌日に、気だるさが出てくる方がいらっしゃいます。

これは好転反応といわれる体のデトックス反応です。

もみほぐし屋さんに行った翌日にくる、もみ返しとは全く次元が違うものです。

好転反応とは、体に備わっている自然治癒力が働き、体内の毒素を排出しようとしているものです。

そのため肝臓や腎臓に毒素がいっぱい送られるため、一時的に気だるさが出てくるのです。


人によっては、皮膚が赤なって痒みがでてきたり、尿が濃くなったり、体臭がきつくなったりします。


薬を長く飲む習慣がある人ほど、この好転反応が出やすい傾向にあります。


二、三日はつらいかもしれませが、この時期を乗り越えれば体はスーッと楽になります。


この時期に焦って好転反応を抑えようと薬を飲まないようにしてください。


余計にこじれます。


水を多めに飲んで、早く出し切ってしまいましょう!
コメント