足底筋膜炎

足の裏、かかとの方が痛むというのが足底筋膜炎。

足裏の指の付け根が痛むのが中足骨骨頭痛。

指の間が痛むのがモートン病。

このように分類されています。


今日は足底筋膜炎の方が来院されました。

かかとに体重をかけたり、爪先立ちすると痛むと訴えられました。


この方はふくらはぎが浮腫んでいて、アキレス腱が固まっていたことが痛みの現象を引き起こしてました。


原因として、前重心でバランスが崩れ、かかとやアキレス腱で力を分散することが出来ず、炎症反応がでたということです。


そもそも、何故そうなるのかを考えると家事やスポーツをする時に拇趾球で踏ん張る癖があるからです。


この方はたまたま症状が足底筋膜炎でしたが、このタイプは脊柱間狭窄も引き起こす要因があります。


まだ軽傷だったので問題なく施術は終えれましたが、根本的な原因である体の使い方を変えていければいいなぁと思います。
コメント