免疫力を上げる施術とは

整体のような手技療法の謳い文句としてよく聞くのが

「免疫力を上げる」

「自然治癒力を上げる」

というフレーズです。


筋肉を緩めると体液循環が良くなり、体温が上がり、体が軽くなり、結果として自律神経のバランスが整うという連鎖が起こり得る可能性はあります。


アジャスト(関節をボキッとするやつ)をすることで、周辺の筋肉が緩み、神経障害が改善し、様々な症状が消える可能性があります。


ただこれらって、実は長持ちしないんです。

筋肉さえ緩めれば後は何とかなる、関節をボキッとさえすれば後は何とかなる、という施術で起こす変化は症状が起こる背景を読んでないんですね。


なんか偉そうなこと言ってるかもしれませんが、お客様の体に触れる者として、そこは絶対にエビデンスをもって説明しなきゃいけないと思います。


俗に言う目に見えない系の力はあると思いますが、それを出すと解剖学や生理学を無視した怪しいものと判断されても仕方ないです。


なので僕の考えとしては必ず解剖学で診て、解剖学で触れて、解剖学で伝えることをしています。

目に見えない系も勉強してるので、いくらでもその調整や説明はできますが。

でも、まずは解剖学です。



前置きが長くなりましたが結局、整体などの謳い文句である、免疫力や自然治癒力を上げる施術の背景を解剖学におけるエビデンスで説明できる施術者ってすごく少ないんです。


なので筋肉を緩めることは大事ですが、その筋肉の起始点と停止点付近の関節に最大限の動きつける、つまりちゃんと動く関節にすることが大前提になります。


そうしないといくら筋肉を緩めても、関節をボキッと鳴らしても、すぐに筋肉は硬くなり施術効果は薄れていきます。

人間の筋肉は動きや姿勢に影響されることが大きいので。(栄養や老廃物が影響するケースも当然ありますが)


若者ならそれで長持ちするかもしれませんが、年配者だと数分しか持たないとこが多いです。


それだけ関節が固まることで起こる症状が多いんです。

年配者は筋肉が硬いとか、少ないとか、そんなトンチンカンなことではないんです。


触れればわかると思いますが、年配者の筋肉って実は柔らかい人が多いんです。

実は関節が固まってたり、筋膜が癒着してたりしてるから動きがぎこちなかったり症状が出たりするんです。


なので関節をどう調整するかで持続性が決まってくるといっても大袈裟ではないです。


そして免疫力、自然治癒力に大きく関係してくる関節があります。


それが肋骨です。


人間は常に呼吸をしていないと死んでしまいます。

生命活動に不可欠な酸素を取り入れてるんです。

酸素は人間の生命活動に絶対に必要なものです。

その生命活動の中核となるのが肺です。


この肺機能を最大限に活用させるには柔軟な肋骨です。

この肋骨を動かす関節にアプローチすることが実は肝になってくるんですね。
余談ですが、肺は背中側に大きく広がっています。

背筋を伸ばして胸を大きく広げる呼吸法では肺機能を最大限に発揮できません。

背中で呼吸できているか、それが体の基盤を決める大きな要素になります。

施術において僕は「減腔」という手技でこの肋骨にアプローチします。

そうすると肺が大きく膨らみよく縮んでくれるようになります。

当然背中の筋肉も緩め、内臓に動きもつけるので体液循環も良くなり、体温も上がり、体の排出も上がります。


ここまでやって体の基盤をつくります。

筋肉を緩めるだけ、関節を回すだけ、ボキッと骨を鳴らすだけでは気休め程度です。

免疫力、自然治癒力を上げるって取り入れるべきもの(酸素や栄養)をしっかり取り入れ、出すべきもの(老廃物や毒素)をしっかり排出できる体になることです。


そんな体に導く施術って曖昧なほぐしやボキッとかじゃなくて、エビデンスに基づいた体の機能構造を変化させるものなんです。

動ける関節、動ける内臓、それがあって動ける筋肉になり、動ける体になります。

必要なものをいっぱい取り入れ、いらないものはいっぱい出せる体になれます。

その結果として人間が本来持っている免疫力、自然治癒力が最大限に発揮されます。

そこに魔法みたいな瞬間的、即効性みたいなモノは存在しません。


体をつくるって、積み重ねなんです。


一回の施術にも実はそういったストーリーがあって組み立てられてるんですよ!

まずは筋肉

最近になって、強く思うことがあります。

整体って筋肉にどうアプローチするかで決まるんじゃないかなと。


骨の位置を変える。

関節を矯正する。

など、骨を主体に考えてきましたが、それだけでは施術効果が長く持たない方が結構おられるんです。


同じことをするにも、前もって筋肉をほぐしておくと施術効果は上がり、いい状態も長持ちするようです。


関節は靭帯と骨からなりますが、細かく分けると筋、滑液、滑膜、軟骨などの集合体です。


それらの関係性を決めるのが筋肉かなと思います。

筋肉の動きは神経が決めているので、そういう意味でも筋肉は変化を起こすには決め手になります。



何事にも筋を通す。



昔から言われていることですが、筋とは筋肉繊維のこと。


まずは筋肉を通す(連動性を出す)。

それから関節の位置を変える。


この順番が効果が高いのかなと思います。



痛くない、揺らすだけの手技

ソフトタッチだけの手技

エーテル体だけに触れる空間技



これらを否定するつもりはありませんが、これらだけで体が変わるほど人間って簡単ではないですね。


人間の体を変化させるには、魔法みたいな瞬間的に変わる手技は絶対に存在しません。


地味でシンプルな泥くさいやり方なのかもしれません。

マニアックな検査法

整体や鍼灸などの手技療法家が使う検査法というのがあります。


だいたいは筋力テストと言われるもので、施術後に力が入るようになってるかを確認するものです。


施術でこれだけ体が変わりましたよーっていうアピールみたいなものです。

最も有名なのがOリングテスト。

次いで、施術者が受け手を押すテスト。

施術者が受け手に負荷を掛け、力が入るか入らないかかを認識させる、認識療法というものです。


気づいている方もおられるでしょうが、ほとんどが施術者側のチカラ加減で決まるものです。

詐欺とまで言わないですが、催眠みたいなもんです。


後は関節の可動域をみるテストもあります。

本来は体が整っていればテストをするまでも無く実感できるものですが、テストする行為に頼らざるを得ないところもあるみたいですね。


本物の検査法とは催眠とは全く違うんですが、悲しいことにほとんどが検査という名の認識療法、ひどいところだと催眠療法を使ってるみたいです。


本物は脳波をみるみたいです。

僕はかじった程度なので使うことはほとんどないです。


今日は、改めて発見したというか、思い出したというか、そんな検査法を試していました。


結果、施術の改善スピードは飛躍的に上がりました。


僕は見た目や空間でほとんどの人を検査していました。

けど今日は全身の状態を手に転写させて、検査と施術を兼ねてみました。

そうすると受け手も手の痛みと患部の痛みがリンクしていることに気づいてくれて、原因となるところが患部になく、他の部位にあることを手を通して体感していただけました。

双方納得できるものでした。


誰でも使えるとのではなく、ある程度体を観察できる人向けですが。


これを万人に使えるようにしてかなきゃですね。

この検査法、調整を兼ねてるし、受け手にもわかりやすく、詐欺でもないなで、ここ近年では一番の発見になりました。

元は共鳴法という、手から全身調整をする魔法みたいな技法です。

これを自分なりに使いやすくしていくと、いつのまにか検査法になったって感じです。


やっぱり人間の体って面白いなーって改めて思いました。

盲点

整体やカイロプラクティックといった手技療法を受ける時、どんな姿勢で施術されてますか?

一般的には、うつ伏せに寝て、それから仰向けに寝て施術を終えます。


ここで不思議に思うことがあります。

うつ伏せ、仰向けで骨格調整を終えて、寝た状態で整ったとしても、実生活ではほとんど立ってるか座っているかじゃありませんか?


そしたら、立った状態や座った状態で骨格調整をしないと、施術後に立つとすぐにバランスが崩れてしまうと思いませんか?


そう、実は、寝た状態で歪みの検査や筋力テスト、可動域検査は意味がないんです。


特にスポーツ選手は力を発揮したい動きの中で調整しないと本当のパフォーマンスアップにはなりません。

動きながら調整するんです。


デスクワークの人は椅子に座った状態で調整しないと、仕事中のバランスが整わずにすぐ疲れてしまいます。


施術者はそんな事を考えながら調整をしていく必要があります。


施術者がそれを出来ないことには、整体屋に何度通ってもすぐに不調になるんですよ。


寝た状態で施術を終えるには、特に足の調整をしっかりとしないと長持ちしません。

重力があるので。


その時だけ楽になる施術より、効果が長持ちする施術、日が経つにつれて楽になっていく施術を心がけています。

美容と健康には減腔



左右の肋骨は正面から見ると山のような形をしています。

この山のてっぺんの角度が大きいほどお腹が浮腫み、太って見えます。

そして肋骨にへばりついている横隔膜が動き辛いので呼吸も浅く、代謝や免疫力が低下します。

横隔膜が動かないので内臓も動き辛く、消化機能の低下からアレルギーを起こしやすいです。


この肋骨の角度が鋭角になることが美容と健康への第一歩です。


当院では「減腔」という手技を使い、この問題をクリアしています。


全国でも使い手が少なく、富山では当院だけが使っているのではないかと思います。


当院は身体の真ん中を整えて美容と健康を支えていきます!