歩くと歪みが整う

定期的に来院されるお客さんで、いつも右半身の不調を訴えて来られる方がおられます。


施術後は楽になられるんですが、ちょっと訳あって、なかなかいい状態が長続きできない状態でした。


今回その方が来院され、話を聞くと右半身の不調がないと言われました。


身体を診ていくと、確かに右半身の膨張がない、歪みも許容範囲内、体液もスムーズに循環してました。


何かありましたか?って聞くと、毎日1時間ほど散歩を始めたと言われました。

以前から、散歩すると身体が変わりますよーっておすすめしていたんですが、これほど変わるとは…。


歩く、走る、という行為は体の歪みを整えてくれます。

むくみも解消されます。

無理なく、長く続けれるペースでやってもられば最高ですね。


野球でも、ピッチャーは走り込みをします。

これは下半身が安定して球速アップ、制球力アップと言われていますが厳密にいうと違います。


同じ投球フォームを続けていると、その型通りの歪みが作られます。

走り込みをすることで歪みを整え、力の伝達を助けているんです。

重心の補正です。


この重心の補正ですが、膝の痛み、股関節の痛み、腰の痛みの原因となっている場合が多いです。


僕の場合ですが、特に何もした覚えがないのに膝が痛むことがあります。


そんな時に無理のない程度で散歩を続けると、いつのまにか膝の痛みがなくなっています。


この事実から一般的な見解として、筋力低下からくる膝の痛みが散歩を続けることで筋力アップし膝の痛みが消えた、こんな解釈をする方がほとんどだと思います。


しかし散歩で筋力アップ?そんなバカなって感じです。

人をおんぶして何時間も毎日歩けば話は別ですが、軽い散歩程度で筋力アップはできません。


筋力アップのお話で、こういうことがあります。

ある方がリハビリ施設でマッサージやストレッチ、そしてレッグプレス、レッグカール、レッグエクステンションといった筋トレで膝を強化してたみたいです。
しかしいつまでたっても膝は痛いまま、というより痛みが悪化してるということがありました。


もうツラくて通院が嫌になり、リハビリを辞めて散歩でもするかーってなったみたいです。

それからしばらくすると、いつのまにか膝の痛みがなくなっていたというのです。


そう膝関節の痛みは筋力が原因ではなく、重心の問題だったんです。


人間って歩かなくなるとすぐ不調なにるんですよ。

揉めばいいですか?

お客さんから施術後によく言われることがあります。

「揉めばいいですか?」

この言葉は、痛みや痺れの原因となる筋肉をほぐせば症状は解消されるということから出たものでしょう。


自分でケアをすることはとてもいいことなので、揉むことをやめてくれとは言いませんが、揉むという行為は実はとても難しいのです。


筋肉繊維の方向や筋膜との関係、揉む時の手、姿勢など、気をつける事がたくさんあります。


良かれと思ってやっている事が、結果的に悪化させる事があります。


なので、安全に確実にケアをするには手を当てる「愉気法」を勧めています。

手を当てるだけですが、効果は揉むよりも確実にあります。


やってる感はあまりないので受け入れられにくいですが。


なので、揉むよりも愉気法がベターですがそれでも揉みたい人に言いたい事があります。


筋肉は強く揉まない事。

筋肉繊維を潰す方向には揉まない事。

揉む時の指を力ませない事。

対象となる筋肉付近の関節を動かしながら揉む事。


最低でもこれらは守って下さいね。

減腔ビフォーアフター

美容と健康を兼ね揃えた最強の手技。

減腔。

今のところ僕の中ではベスト。

五分の施術で見た目が変わる。

受けた方はみんな喜ぶ。

僕も嬉しい。

そんな減腔ビフォーアフターの紹介です。

疲労の蓄積、呼吸の乱れから肋骨が横に大きく開き、角度が広がる(腔が広がる)。

これを狭める事で内臓機能向上、体液循環向上、神経圧迫解放、自律神経安定。
なので、痛みやコリ、むくみ解消、サイズダウン、呼吸が深くなる、冷え解消、などの悩みも解消に向かいます。

間違っても腔を広げないで下さいね!

誰がなんと言おうと腔は狭めること!
減腔!

20代女性
ビフォー

アフター




40代女性
ビフォー

アフター




40代女性
ビフォー

アフター



見た目ではサイズダウンくらいしかわからないですが、施術後はお腹が軽くなりギュルギュルと音が鳴り始めますよ。

リーキーガット症候群じゃない?




リーキーガット症候群とは、腸の粘膜が薄くなって、バリア機能が低下してる状態のことです。


そうなると、腸粘膜のすき間からいろんなものが血管内に侵入して全身を巡ります。

・未消化の食べ物
・ウィルス
・重金属
・抗生物質
・菌



そして体はそれらを輩出しようと反応を起こします。


それがアレルギー反応なんです。



頭や腰の慢性痛、花粉症、アトピー、ぜんそく、リウマチ 、消化器系の不調、口腔内の問題、精神系の問題、などなど。


原因は食事や口腔内にあるかなと思います。


食べ過ぎない、よく噛む、お薬やサプリを多用しない、人工的なものを食べない、グルテンやカゼインを控える、歯の詰め物に気をつける、など。


リーキーガット症候群が原因だと、整体の効果も実感しにくく、いい状態も長くは続きません。


病院でどんな薬を処方されていろんな整体院に行っても良くならない人、そしてどこもかしこもダメだって嘆いて(愚痴って)いる人、原因は自分なんですよ。



早く気づいて変わってほしいです。
(そういう人ほど気づこうとすらしないけど)

整体で視力回復?

娘の視力が小学校に入ってから落ちてきています。

なので視力検査に引っかかって、定期的に眼科に通院してます。


いつも目薬が処方されますが、視力検査の数値が上がることは無かったです。


原因はスマホではないかということで、禁止してみました。

しかし検査の数値は変わらずでした。


娘の友達もメガネをかけてる子の方が多いので、娘もメガネになるのではと気にはしてました。


今日の夕方に定期検診があったので、空き時間を利用して5分ほど娘に整体をしました。


整体といっても矯正の類ではなく、膜の緊張を解いてリンパ液の循環を良くしただけですが。



目の玉って硝子体というゼリーを何種類かの幕で覆ってます。

それを視神経で繋いでいます。


要は膜を整えればいいんじゃないって思ったので、顔の筋膜を切りはがして、目を覆う膜の緊張を頭蓋の縫合部から整えてみました。


娘「気持ちよかったー!ありがとー!」

って言ってもらえてバイバイしました。

それから数十分後、視力検査の結果がタイムリーで嫁さんからラインで届きました。


視力0.9→1.2


通院しててもずっと変わらなかったのに、少し整体しただけで変わったことに嫁さん驚きでした。


娘「整体してもらったら目がハッキリするー!もしかして整体のおかげで良くなったんじゃない?」

っていってたみたいです。


嫁さん「なんで早くしてくれなかったのー!」

って怒られました…笑


今回はたまたま娘の顔がむくんでたので施術してみただけだったので…汗



そういえば普段から頭蓋骨の施術後に、

「視界がクリアになったー!」

って、いろんなお客さんが言ってたなーっと思い出しました。


そうか、そもそも整体って、そういうものなんだったわーって思い出しました(汗