部活動の闇

部活動で体を痛めて来院する学生って結構多いです。


その中で最も多いのが腰痛。


同じ腰痛でも、競技によって原因が違うことが多いです。


お尻の筋肉からくるもの、脚の筋肉からくるもの、お腹の膜からくるもの、など。


痛い箇所を温めてほぐしてやれば一時的に楽になりますが、すぐに痛みが再発しちゃいます。


オーバーワークでない限り、痛い箇所を引っ張っている筋肉を緩めないと根本的には変わりません。


その引っ張っている筋肉を緩め、その筋肉がなぜ緊張状態なのか解決しなければなりません。


その筋肉の緊張を作り出している原因として、関節の滑らかさが無いことあげられます。


ここでいう関節の滑らかさとは、可動域とは違います。


可動域を広げなくちゃいけない競技(柔軟性が点数に結びつく)以外、多くの競技では可動域は特に必要なく、滑らかさと固定できる関節が求められます。


関節の滑らかさとは、その関節周りの筋肉がスムーズに伸び縮みできることです。


関節の固定とは、その関節周りの筋肉が伸びた状態or縮んだ状態で維持できるかです。


これができない学生が多いこと。


股関節や脊柱が硬いので、試合中の動きを見ててもどこかぎこちないんですね。

逆にふにゃふにゃしてる子は単に筋肉がまだ成長していないので急性痛はありますが慢性痛になることは少ないです。


いろんな競技の選手たちを見てて思うことは、怪我が多い現象って今どこの部活動でも取り入れている体幹トレーニングの代償なのかなと。


あれってやる意味無いどころか、怪我を誘発させますね。


後は勝敗優先で指導している学校の顧問や外部コーチが、基礎体力の向上を無視し、体の使い方を指導せず大人のプレースタイルを学生に無理強いしていることです。


まずはしなやかな体を作り、そこから体に合わせた使い方を指導していくことが将来的に化ける選手を作るんですが、短い学生生活で結果優先で指導するとなるとこうなるんですかね?


指導者のエゴしか見えない、悲しい部活動の現実があります。

一息塾プロ編

当院で開催している一息塾。


日曜午前にしている自己調整法は呼吸法やヨガ、ストレッチなどを用いて自分の体を変化させていく内容になっています。

対象は一般の方です。



それとは別に平日に月一回行なっているプロ編があります。


これは人の体に触れて変化を出す手法をお伝えしています。


カイロプラクティック、オステオパシー、整体法などの手技療法です。


すでに開業させている生徒さん達もおられます。


ここでは大手の整体学院には真似できない細かい指導ができていると思ってます。


内容も結構濃いので、生徒さん達のレベルはどこの整体学院よりレベルは高いですね。

これだけは自信を持って言えます。


昨日はこのプロ編の講習をしました。

内容は頭蓋の縫合の辿り方、頭蓋の要となる蝶形骨の解放、全身を変化させる足指の解放などです。


生徒さん同士で意見を交わしながら技術を吸収をしていく姿を見ていると不思議と僕も元気なってきますね。


そして手の確認という名目で僕の体のメンテナンスもしてもらう。


これがどこの整体院に行くより体が楽になります。


生徒さんのおかげで僕の体はいつも元気に保ててるんです。


一息塾、本当にやってて良かったです。

やったらダメなこと

今ある症状を早く治したい。

そんな想いで真面目に体操やストレッチをがんばる人がおられます。


病院で勧められた

整骨院で教わった

ネットで調べた


残念ですが、そういう方が症状をこじらせてます。


ここで厄介なのは、全ての人に当てはまることてはないことです。


体の状態から的を得た体操やストレッチなら効果はあるのですが、的を外してるものだと悪化していきます。


ここの判断を正確にできる人が少ないのが現実です。


悪い例をあげると、

病院のリハビリに通いつつ、整体にも通っている方がそれぞれに勧められた体操やストレッチをやる。

それでは飽き足らず、以前通っていた整骨院で習ったストレッチもしている。


この場合、指標とした筋肉を緩める体操と、鍛える(強張らせる)体操を同時にしている場合が多いです。


そうなると施術を繰り返してもすぐに症状が繰り返してきます。


やんわり言って察してください、そういう遠回しだとなかなか気づいてもられないので、はっきり言います。


余計なことはしないでください。


もし僕から提案している自己調整法があるなら、それをとことん続けてください。


他のことを入れると台無しです。


たとえ偉いお医者さんや、すごい肩書きを持ったインストラクターが言ってたとしても。


ちなみにヨガも勧めれません。


ヨガの先生が体を壊して整体に来ているのが現実です。


これはダメ!

これをしなさい!


そう僕も強く言えればいいのかもしれませんが、そうするとその人の可能性を潰してしまうおそれがあるのでなかなか言えないです。


強く言えない性格がでてますね、、

歯から全身へ

夜、眠れない。
寝不足のため日中ずっとだるい。


そんな悩みを持つ方の主な症状が

・顎関節症
・顔のむくみ
・食いしばり
・いびき
・首のコリと痛み
・右半身が重だるい


歯の治療後から症状が出るようになったと言われました。


右側の歯の。


そこをかばうため、逆の左で噛むようになってしまい、結果的に右側が血行不良でむくんでしまう。


その右のむくみが右半身の重だるさに繋がってしまった。


血行不良がリンパ節を制御してしまい、炎症反応がでてきたんですね。


こんな時は右側に刺激を入れてやると解決します。


あえて右側の歯でモノを噛む。


右側のリンパ節に刺激を入れる。


そうすると今まで押されて痛かった所、例えば右の腹部、刺激を入れた後は押されても痛くないんです。


難しく考えていろんな薬を組み合わせるより、単純に血行促進ですね。


ちなみに温めるより動かすんですよ。


圧力を加えることで骨に電荷を発生させることが大事なので。


歯の治療後に体調不良になった方、まずは両側の歯でしっかり噛むことから始めましょう!

一息塾ヨガ編

2回目の開催となる一息塾を本日開催しました。

今回のテーマは胸郭の平行移動。


それをヨガの動きと呼吸法を入れながら行うことで、内臓にアプローチしていきました。


ヨガといっても柔軟性がなくてもできる、内臓を刺激する変則的なヨガっぽいことをするのでカッコいいポーズはないですよ。


このヨガの動きの中で腕を上げる動作と胸郭の平行移動を合わせて行うというのがありました。

50肩で悩んでいた方はこれができないんですね。

痛めた肩とは逆側の腰が痛いとのこと。

痛めた側の腹部や腰は伸ばせても、逆側の腰は縮めることができないんです。


そもそもそこが縮めなくて肩を痛めたんじゃないかって気付いてもらえました。

ホントはそこだけじゃなくて他にも何箇所かあるんですが、それらはこれから気付いてもらえるよう進めていきます。


結局、この気付きが最も価値があるのです。


こういった方の施術では、当然そこにも手を加えるんですが、本人はなぜそこをされているのかわかっていないのが現実です。


よほど感性の鋭い、天才肌じゃないとわからないです。


本来は説明しながらしていくのが親切で施術効果も高まるんでしょうが、口下手なので黙々と施術してしまいます。


言い訳すると、聞き流されている感が多かったので説明を省くようになっちゃいました。


なので施術にはポイント的に強い刺激で感覚を取り戻してもらうことをよくします。

あえて、多少の痛みを感じてもらうというイジワルですが。


まあ、そんなわけで本人に気付いてもらう方針で施術には取り組んでますが、それだけだと圧倒的に体験が少ないんです。


一息塾のように体験を通して感覚に気付いてもらうことがベストなのです。

症状が出てない人も詰まっている、滞っていると、感じてもらってるので講師として嬉しく思っています。