足根管症候群

足裏の感覚障害のことを足根管症候群といいます。


しびれ、感覚が鈍いなど。


このような人に共通するのが足のアーチ崩れです。


母指球に重心がのってる
扁平足
指が固まってる


この場合は施術で足のアーチをつくっていきます。
それと同時にふくらはぎを解放します。

ちなみに、手根管症候群も手の崩れが原因です。

手と足の違いだけで、考え方は同じです。



この足根管症候群ですが、普段の生活で足の使い方を変えない限り治らないです。


今までの自分が症状を作り上げてきたので、それを受け入れ、変えていくことは、年を重ねるごとに難しくなるかもしれません。


ここをどうサポートしていくのか、やる気を出してもらうか、僕の課題がなかなか難しくてたまに泣きたくなります。

夏の冷え

暑い日が続いてますね。

夏場の室内はどこでもクーラーがついてます。

このクーラーで体が冷えてる人が多いですね。


そういう僕もそのひとりです。


朝からずっとクーラーがついている施術部屋にいるので、毎年体がおかしくなってしまいます。


冬より夏が風邪を引きやすいです。


お風呂もシャワーで済ます人が多いと思います。

夏こそ湯船に浸かって下さい。


内部が温まる感覚がでてくると思います。
それだけ体が冷えてるんですね。


夏こそ冷えに注意しましょう!

痛みと水分

腰痛などの慢性痛、実は体の水分量と関係があります。


筋肉や椎間板など、70〜80%は水分です。


脱水症状などで体内の水分量が減ると、筋肉が乾いた状態になります。


緊張を起こしてしまいます。


これが痛みにつながります。


自分の水分量は足りてますか?


適切な水分量をチェックする簡単な筋力テストもあるので、気になる方は申し出てくださいねー

熱中症と頭痛

暑い日が続いてますね。

最近、来院される方に頭痛を訴えてくる方が多いです。

熱中症からくるものなのかもしれません。


熱中症といっても、水分不足の脱水からくるものではなく、自律神経からくるものが多いような気がします。


血管の拡張により脳が酸欠状態になって頭痛がする、そういう状態かもしれません。


この血管の拡張ですが、本来は自律神経がコントロールしてます。


しかし、この自律神経の働きを邪魔するものがあります。


それは「冷え」です。


この暑い季節で冷えといってもピンとこないかもしれませんが、体は熱を下げようと汗をかいたり血圧を下げたりします。

これに拍車をかけて糖分を摂取すると過剰に体は冷えます。

さらに氷入りの飲み物で、その効果は絶大になります。


そう、キンキンに冷えたスポーツドリンクが原因となっています。


糖分は頭を覚醒させるので、スポーツドリンクを飲むと元気になったという錯覚に陥ります。

砂糖は麻薬ですからね。


しかし、それが切れると頭痛や気持ち悪さが出てきます。


運動後、帰宅してから症状がでてくるんです。


なので水分補給は水か番茶がいいかなと思います。

お茶を選ぶ基準としては、なるべくケイ素が多く入っているものがいいですね。


ちなみに一流のプロ選手は、ドリンクに塩やクエン酸など入れてます。
誰も砂糖は入れてないですよ。

頭が重い

頭が重く感じ、どんよりした気持ちになる人に共通する点があります。


咀嚼で使う筋肉が硬くなっていることです。


流し込むように早食いする
麺類や柔らかいものが好き

こういった方は咀嚼の回数を増やすことが大事です。


胃腸に優しいし、顔のむくみもとれますよ。


アレルギー状態のある方にも、ぜひ実践してほしいですね。