生体電流が肝

人間の体内には「生体電流」という、信号往来のための電流が常に流れています。

熱いものに触れると反射的に手を引っ込める。

酸っぱいものを思い描くと唾液が出る。

そういった情報伝達は電気信号として生体をコントロールしています。

これが自律神経を司る大元になっていると僕は考えています。


この生体電流の流れがスムーズにいかないといろんな不調になりやすいです。

足に滞りがあれば腰痛、胸に滞りがあれば精神疾患、首に滞りがあれば頭痛、など。

ただ、一箇所だけという人はまずいないので首がスムーズに流れると背中も影響を受けて流れ出すとか、そういった感じに思います。


なのでよく首をボキッとならしたら全身が軽くなったとか、腰をほぐされたら頭痛が消えたとか、手で優しく触れるだけで心身が楽になるとか、多分そういうことだと思います。


簡単に言うと、全身は繋がっている、ですね。


イメージとしてダムみたいな感じかなと。


例えば、重症な人は一箇所のダムだけ通しても次のダムでまた詰まります。
何箇所か同時に通してあげなきゃいけないんです。

しかも今まで溜まってたゴミがあるから最初からスムーズに流れません。

こればっかりは少しずつしか流れていきませんが、時間経過とともに流れに勢いがついていくので、流れてしまえば後は楽になります。


この生体電流ですが、東洋医学でいう経絡の流れ、筋筋膜経線のアナトミートレインの流れに沿っていると感じます。

見えない世界でいう、氣(プラーナ)、エネルギー、などと共通する部分があるかもしれません。


これらが統合され、エーテル体やチャクラといったものが存在しているのかなーって勝手に思ってます。


なんかマニアックな話になりましたが、この生体電流をいかにスムーズに流すかが手技療法の最大のポイントになっていることは間違いないと思ってます。


その手段として整体、鍼灸、マッサージ、などがあるわけで、どれが良いとか悪いとかではないと思ってます。


ただ、そこを認識している施術者かどうかは大事です。

「認識する」ということが一番の肝になるからです。


生体電流を整えるグッズも色々あります。

〇〇ブレスレット、〇〇繊維の服、〇〇を活性化するサプリ、などそれぞれ謳い文句は違いますが、大元はこの生体電流を整える効果が期待できる、ということでしょう。


そのほとんどが気休めですが。


そもそも生体電流が狂う要因として、現代の生活スタイルがあります。

なので、そこを見直すのが一番の防衛策なんですね。


気をつけるのは電磁波、食事、衣服です。


体内のプラスとマイナスの電荷、そのバランスを狂わす三大要素と考えています。


偏って溜まった電荷を早い段階で逃せば生体電流も狂うことはないでしょう。

こまめな放電(アーシング)ができればきっと大きく体調を崩すこともないと思いますよ。

胃下垂

食事の後に下腹の方がぽっこりとしてしまう。

俗に言う、胃下垂というやつです。

この胃下垂ですが、考えられる原因として胃を支える筋肉や脂肪が少ないからです。

筋肉や脂肪が少ないから胃下垂になりやすく、ふくよかな方は筋肉や脂肪で胃を支えてるので胃下垂になりにくいのです。

なので胃下垂になれば痩せられる、というのは完全な誤解です。

痩せている人に胃下垂が多いだけで、アスリート並みの筋力がある痩せている人は胃下垂になりにくいです。


もし胃下垂で悩んでおられる人がいるのなら、筋力や脂肪をつけるより、横隔膜で胃を引き上げる方が体に害もなく健康的だと思います。


息を吸うと横隔膜が下がり内臓を下げます。

息を吐くと横隔膜が上がり内臓を引き上げます。

胃下垂や冷え性の方は、この内臓の引き上げが十分に行われていない可能性があります。

そう、呼吸が浅く、吐ききれない人が内臓機能を弱らせ冷えや胃下垂を引き起こしているのです。

心当たりのある人、日頃から息を吐く行為を心がけ、内臓を引き上げていきましょうね!

腰痛にならないコツ

腰を痛める人の中で、重いのもを持った時って答える人は多いと思います。

「腰を痛めないように重いものを持つコツってありますか?」

こんな質問があったので答えますね。


シンプルに言うと、息を止めずに腰を使わない、ということです。


ものを持つのに腰を使わないなんてありえない、そう思うかもしれません。
確かにありえません。が、そこに意識を持たないということを言いたいわけです。


実生活において、ものを持つ環境って様々です。
足場が確保できない、体から離れたところにものがある、しゃがめない場所、異様な形のものを持つなど、重量挙げみたいな最適な条件が整ってる競技とは違うわけですから。


そんな中で腰を意識して使うと確実に痛めちゃいますよね。
そもそも持つのは手で踏ん張るのは足なわけですから。


だからどんな環境でも全身を使えるよう意識してほしいです。
特定の筋肉を意識せず体全体で立ち向かっていきましょ。



そこに呼吸が大きく関係してきます。
力を入れるとき、無意識で息を止めてる人が多いです。特に腰を痛めやすい人は。

力を入れるときの息を止めてる状態って、身体に空気をいっぱい入れて膨張させて封をした状態なんです。


そんな状態でストレッチしても全然伸びないですよね?頭ではわかってても実生活では出来てない人がほとんどなんですよ。


よく伸びよく縮む筋肉であることが、腰を痛めない必須条件です。
日頃からストレッチをして身体を柔らかくしてくださいって言ってるわけではなく、今もてる最大限の伸び縮みを活用して下さいってことです。


だってすごく柔軟なヨガの先生でもぎっくり腰や肩こりはしますから。


大事なことは、体の動きに合わせて呼吸ができているか、そこなんです。


空のペットボトルを身体に例えるなら、かがむ姿勢は空のペットボトルをベコって曲げた状態です。

そうすると中の空気は飲み口から出ますよね?容積が変わるので当然です。

でもこの当然なことが出来てないから痛めるわけです。


どこで吸う吐くと考えると息が止まりますから、鼻と口の蓋をフリーにしておいて、勝手に空気が出ていく入っていく、ということを感じて下さい。


僕はしたことないですが、メンソールのリップクリームとかを鼻や唇に塗っておくとわかりやすいかもですね。
念を押しますが、僕はしたことないのでおススメはしませんが騙されてやってたみたという人がいたら教えて下さいね!笑

内臓脂肪の原因




食事に気をつけていてるのになかなかお腹がへっこまない。

それは皮下脂肪ではなく、内臓脂肪が原因です。


内臓脂肪は食事だけで減らせるものではありません。

大事なのは姿勢と呼吸。


胸を張った姿勢でいると、内臓が引き伸ばされて臓器間に脂肪がつきます。


お腹だけがポッコリ出てる人は、まず姿勢を変えて呼吸を深くし、横隔膜で内臓を刺激することから始めることです。

お腹を縮こませると内臓を圧迫するという間違え。

そんな嘘に振り回されずにしっかりと腹部を潰して呼吸を深くしていきましょう!

アッヘンバッハ症候群

アッヘンバッハ症候群とは

 

外傷や血液凝固能異常などの明らかな誘因がないにもかかわらず、突然手指や手掌(まれに足趾・足底)などに痛みや痺れ・つっぱりといった異常感覚が生じ、同部位に血腫が形成される疾患である。血腫ができると、腫脹で神経や血管が圧迫されるためか、時には屈曲などの運動が障害され指が蒼白化する人もいるようである。

 

 

ネットに出てることをまとめると、

 

・浸潤性の皮下出血や紫斑を残し、数日から数週間持続した後に自然消失する

 

・短い間に繰り返す人もいれば、数年に1度という人もいる

 

・よく出来る部位は「人差し指」「中指」

 

・原因としては、加齢に伴う血管の弱体化

 

・はっきりした原因はよくわかっていない

 

 

僕が考える原因として、これは血糖値が大きく関係していると思います。

糖尿病の人の足が腐っていくのは足の血管が糖で傷つけられるからだそうです。

なので血糖値が高い人、血糖値スパイクを起こす人がこのアッヘンバッハ症候群になりやすいと考えています。

 

そうなると、根本的治すには食事に気を付けることですね。

食べるもの、食べる順番、食べる時間帯、噛む回数などです。

 

しかし、急に糖質制限をすると禁断症状が出るので注意してください。

急激な変化は体がびっくりします。

徐々に、ゆっくり取り組んでいきましょう!

 

僕がアッヘンバッハ症候群や糖尿病の方を施術するとしたら、

・膵臓

・横隔膜

・側頭骨

この辺の調整をします。