それは酸欠です

新型コロナの影響で、マスクをつけて来院される方が多いです。


その中で多い症状が頭痛です。


実はマスクが原因で頭痛が起こるケースがあります。

それが脳の酸欠です。


マスクによって呼吸が浅くなり、血中の酸素濃度が低下する現象が起きてます。


この酸欠は筋肉のコリの原因でもあります。


世間の認識でコリは疲れというのが一般的ですが、実は筋肉を固めてることが原因なんですね。


だから筋肉に動きをつけて呼吸する人ってコリがほとんどないです。


筋肉といっても、胸ではなく背中。

一流はお尻で呼吸を感じます。


これができると肩こりや首こりが激減するでしょうね。


当然、首まわりの血行も良くなって頭痛も激減します。


不調を訴える人はほぼ酸欠なんですねー。


筋肉の動きを呼吸で感じること。


シンプルですが奥義です。


これがなかなか出来ないんです。


それだけ日常で力み癖がある人、呼吸が浅い人、ずっと交感神経優位でいる人が多いんですね。


これらの緊張体質をどう改善していけるかが施術家の腕の見せ所です。


この体質改善って免疫力を高めることにもつながってます。


新型コロナ対策で、いろんな情報がネットに出てますが、僕は特に何も対策をお伝えしてません。


ただ本来の自分に戻っていただく為のお手伝いをしているからです。

梨状筋症候群

梨状筋(りじょうきん)症候群とは

お尻にある梨状筋が圧迫れることで痛みや痺れを生じるものです。


デスクワークが増えてきていることもあり、近年では特に増えてきているように感じます。


よく「腰が抜けそう」という表現をされる方がいらっしゃいます。


これは骨盤の中心となる「仙骨」という骨が不安定になることが原因であると僕は考えています。


正確に言うと、仙骨と骨盤(腸骨)を繋ぐ仙腸関節(せんちょうかんせつ)のわずかな歪みが関係しています。


実はこの症状も梨状筋と大きく関係しています。


仙骨と太ももの骨(大腿骨)を繋いでいるのが梨状筋だからです。


この梨状筋が何らかの現象で硬く強張ってしまうと仙骨を引っ張り、腰の真ん中が不安定になるからです。

ちなみに大腿骨も引っ張られるので、股関節にも何らかの現象を引き起こす要因となります。


原因として、長時間座りっぱなし、ずっと立ちっぱなし、などがあります。


対策としては適度に足を組んで座ったり、適度に重心を移動しながら立っているといいですよ。


この梨状筋症候群、なにげに多いです。
慢性化したものであれば、骨盤矯正だけでは全く歯が立ちません。

徹底的にほぐさなきゃすぐに症状が戻ってしまいます。

ここだけほぐせばいい、揉んだり押したりすればいいって訳ではないので勘違いしないよう気をつけてくださいね。


しかも無自覚で放っていると、肩甲骨や首に影響を及ぼし、頭痛やめまいの原因となっていきます。

内臓、生殖器などのホルモン分泌にも大いに関係している箇所でもあります。


それだけ大事で、しっかりケアしていかないといろんな症状を引き起こしていきます。


なかなか取れない症状の影にはこの梨状筋の強張りが関係しているかもしれませんよ!

寒暖差疲労

寒暖差疲労とは

前日との気温差が5℃以上あり、自律神経の働きにより体温や血圧などを一定に保つために起こる自律神経の疲労のことです。


前日との気温差だけではなく、1日の中での気温差や気圧の変化(気象病)も大いに関係してきます。


体内を一定の状態に保つため暑い時は汗をかき(副交感神経)、寒い時は体を震わせます(交感神経)。

これが自律神経の働きです。



この自律神経の切り替えがうまくいかない状態(疲れ)が現代の様々な症状を引き起こしているようです。


特にこの時期は寒暖差疲労の方が目立ちます。


ちなみに台風の時期も同じような症状の方が多くなります。


寒暖差疲労と気象病ってどちらも自律神経の働きに障害が出てる状態なんですね。

さらにいうとアレルギーもです。


来院される方で多い症状

1.めまい
2.頭痛
3.食欲不振
4.不眠
5.ぎっくり腰

こんな感じです。


自律神経からくる不調って、一般的な筋肉のほぐしと骨盤矯正だけじゃあまり効果がありません。


浮腫みをとりつつ、血液の流れ、リンパの流れ、脳脊髄液の流れ、膜(ファシア)の滑走性、呼吸状態を整えなくてはいけないんです。


手法は何でもいいと思います。

整体、鍼灸、マッサージ、体操など的確にアプローチさえできれば。


もし自分で何とかしたいのならば、まずは汗をかくくらい運動(散歩も可)すること。

ご飯は食べすぎず間食をしないこと。
いつもの半分の量でいいのでしっかり咀嚼して食べること。

薬を飲まないこと。
はっきり言いますが、薬に依存していると自律神経の乱れは確実に悪化します。
漢方薬も同じです。
サプリメントも同じです。
それぞれの添付文書をよく読んでみて下さい。
副作用がありますよ、確実に。


健康オタクになる必要はないのですが、最低限の知識は持ちましょう。


現代人って要は体に毒が溜まりすぎてるんですよ。

現代生活において毒の摂取は避けられません。

大事なのは摂っても排出すること。
デトックスできる体です。


それにはシンプルな生活がいちばんですね。
お金をかけて色々なものを取り入れてもかえって悪化しますよ。


なので僕も施術では痛みをとる手法はあまり使わず、デトックスできる体に仕上げてます。

そもそも体の機能が正常に働いている状態だとだいたいの不調は自然に治ります。
痛みだろうがアレルギーだろうが、病気さえも。


なかにはそれだけでは治らない方もおられますが、そのために手技療法があるんです。

自然治癒力を阻害してるモノを排除し正しく働かせるために。


でもまずは、自分で出来ることやってみてください。

そのお手伝いや助言は惜しまずしますよ!

テーピング

キネシオテープというものがあります。

関節を固定するようなテーピングではなく、皮膚に置くようにそっと貼っていくものです。


目的は皮膚の下のリンパ液や関節液(滑液)の流れを整えるものです。

筋肉や関節をサポートしてくれる役目もあるので、関節の可動域や痛みのケアに適しています。


関節に水が溜まるっていう人には最適なテーピングでしょうね。

貼るだけでかなり楽になります。


僕もこのキネシオにはお世話になってます。

ハンドボールで膝をよく痛めるので。

無理をすると膝が腫れて曲げ伸ばしができなくなっちゃいます。


キネシオを貼ることで腫れの治りが早くなるし、体も軽くなるし、日常生活に支障があるレベルまで痛めてしまった時に貼って非常に助かってます。


このキネシオの貼り方も色々あって、ネットで検索するとたくさん出てきます。


僕もネットで調べたり、自分で考えて貼ったりしてます。

今では自己流で症状に合わせたいろんな貼り方ができるようになりました。


もし自分にも貼ってほしいという方がおられたら、テープ持参でいらして下さいね。


ネットで出てる貼り方より効果のあるテーピングしますよ!

脱力しよう!

不調体質の方に多い特徴があります。

「脱力できない」


体が緊張し、ストレスで気も張っている状態で生活されてので交感神経優位なんですね。


こういう方には体の力が入らない状態、つまり「脱力状態」を施術でつくります。


そしてその状態を体に教えて、体と心のエラーを修正していきます。


もし自分でその状態をつくるとしたら、オススメなのがストレッチです。


20分から30分、みっちり無理なくやると体は弛緩し、眠くなってくるはずです。


呼吸でいえば、吸いすぎないこと。


寝息の状態を心がけることです。


簡単に脱力状態になるので、緊張体質の方は日課にするといいかもしれません。


メリットとして、体も心もゆるめることができますよ!

後は筋肉や膜にたまった老廃物を排出させることもできます。


デメリットとしては、力が入りづらくなるので運動前にはあまり向きません。
やるなら運動後に!

やりすぎると靭帯が伸びきってしまう恐れがあるので適度にしましょう!


くれぐれも無理せず、痛気持ちいいストレッチを心がけてくださいね!